「仕事で本当にストレスが溜まる職場の要素」ベスト7が判明。該当するものが多いなら辞めて転職した方がいいです(南フロリダ大学)

ストレスで健康に被害が及ぶ会社の特徴
俺(私)の会社…絶対変だわ。毎日ストレス半端じゃないし…マジで辞めた方がいいのかな…

みたいに悩む人は、多いはず。

お金を稼ぐのは大切ですが、それ以上に大切なのは健康です。中でも気をつけるべきなのはストレスですが、

節約ハック
南フロリダ大学の研究で「本当にストレスが溜まって体に悪い仕事場の条件7つ」がランキング形式で公開されています(Can work make you sick? A meta-analysis of the relationships between job stressors and physical symptoms)。

研究結果は、72件の論文(疫学調査・アンケート)の中でも質の高いものをまとめたもので、該当するものが多い人ほど、今の職場を辞めて転職した方がいいでしょう。

では、参ります。

7位.仕事が長い…長すぎる(無駄な長時間労働)

疲れたサラリーマン1位かと思いきや、いきなり7位が長時間労働です。

必然的に自由時間は蝕まれ、睡眠不足にも繋がるのでストレスが溜まります。ブラック企業ランキングでは、サービス残業、残業未払い、当たり前になってますね。

6位.仕事の時間と生活パターンが自分でコントロールできない

ブラック企業が辞められない人

最近では、フレックスタイム制など自分で働く時間が決められる制度も増えてきましたが、まだまだ少数派です。

自分で勤務時間や生活パターンがコントロールできないとストレスは激増するよう。そりゃそうですね…。

5位.何やればいいんだよ…。自分の役割が謎

疲れた社員
自分が会社にいる意味が分からない、と言ってもいいでしょう。

会社での自分の役割が分からない。上司からタスクが与えられないといった環境は、体に最も疲労に繋がるという結果が出ています。

脱力感やめまいが頻発するなら要注意です。

4位.働き方改革って何?(労働量が多すぎる)

長時間労働とは違って、こちらは量の問題です。

働き方改革によって残業に制限がかかり始めてますが、今までもらっていた残業代は削られそのクセ仕事量だけは変わらないという、酷い罠にかかっている人は少なくないでしょう。

これはイライラしますね…

3位.嫌な上司・同僚が多い(人間関係)

圧力をかけてくる上司

3位は、コミュニケーションの問題です。パワハラをしてくる上司、嫌な性格の同僚と色々ありますが、こういったストレスは不眠に繋がる結果が出ています。

最近眠れないって人は、人間関係が影響しているかもしれません。ノイローゼにならない内に辞めた方がいいですね。

2位.あっちからも、こっちからも。上司からの支持・意見がバラバラ。

2位は、役割の衝突です。

例えば、上司Aからは、今すぐ会議に出てと言われ、上司Bからは今すぐ資料を作って支持される。こういった無理難題を1人に押し付けられる

上司に挟み打ちにされる環境がストレスになり得ます。

ちなみにこれは、消化器官の不調に繋がることが分かっているので、お腹が痛い。最近、ご飯が食べれない。という方は要チェック。

1位.これは辛い。「自分の得意な場所・方法」で働かせてもらえない

仕事をコントロールできないこれは僕も経験がありますね…。自分の得意な方法・場所(部署)で働かせてもらえないパターンです。

例えば方法で言うと「MACにしかない専用のアプリを使った方が確実に早く仕事ができるのに、WindowsのPCを全社員が強制させられる。」といった感じ。逆も然りですね。

度重なるとストレスが頂点に。また、部署が選べないというのも同じで、会社はAの部署に人が足りない。予算が足りないなど、色んな条件で人を配置していきます。でも人って、得意不得意があるじゃないですか。

社会人になる20歳前後になると、さすがに自分に向いていること、向いてないことは分かるはず。分かっているのに自分の得意な場所で、好きな方法で働かせてもらえない…というのは強いストレスの原因になるようです。分かるなぁ。

こういうのが無理な人は、とにかく適当に就職しないことです。

こちらの記事では、サラリーマンに向いていない人の特徴を解説しています。参考にどうぞ。

無駄な努力をする人-仕事

「サラリーマンに向いていない人」の7つの特徴【簡単な診断法】

2019年3月9日