【実体験】辞めたいのに辞められない。あまりにしつこい「退職の引き止め」にあった時の対処手順を解説します

Help-退職したい人々

会社やパートを辞めたいけど、引き止めがマジでしつこくて辞められない。これで悩む人は多いですね…。

僕もITベンチャーを退職する際には、本部長から全力で引き止められましたが、スムーズに辞めるためには少しコツがいります。辞められない時の対処法もあわせて解説するので、参考にどうぞ。

引き止める理由は「あなたの為じゃない」ことを理解しよう

まず、ここを勘違いしてしまう人が多いので忠告です。勤め先があなたを引き止める時、色々と程(てい)の良いことを言ってくると思います。

例えば…

  • 将来、絶対後悔しないから!
  • 給料アップしてあげるから!
  • 部署異動させてあげるから!

残念ですが、これはあなたの為に言っているのではありません。では、誰の為なのか?自分の為です。

上司があなたを引き止める2つの理由(部下に辞められるデメリット)

止めてくる上司-スーツの男性
上司が部下を引き止める理由は大きく2つあります。1つは人手不足。特に繁忙期に至っては仕事が回らないので、辞めないでくれ〜!というパターンですね。

当然ですが、あなたの為ではなく、会社の為です。人手不足で回らなくなっている会社は、そもそも未来がないので、早急に辞めた方がいいでしょう。

自分(上司)の評価が下がるから

低い評価
そして、もう1つの理由は自分の評価に影響する。つまり、管理能力に問題があると上に見られてしまう為です。これは、実際に僕の上司が漏らしていた言葉でもあります。

この人に上司をやらせては、会社から人が消えていく。そんなことが続けば昇進もクソもない…。

会社を辞めたい!その職場から離れたい!ということは、仕事の環境か人間関係に不満があるということです。そのケアが出来ないのであれば、会社もその人に部下の管理を任せられないでしょう。

評価に響いてしまう上司は、当然ながら全力で引き止めにきます。

また、会社が人を採用して育てるには、お金と時間がかかります。

あなたに辞められては、会社はまた一から人を採用するためにお金を使い、時間を使って仕事を覚えてもらわなければならない。

で、あれば、既に仕事をある程度覚えているあなたに残ってもらいたいのは当然です。要するに、引き止めるのは上司のエゴ会社の利益の為です。辞めたいけど辞められない、という方は、このことをまず理解しましょう。

ブラック企業にとっては、安い月給でサービス残業をしてくれる。めんどくさい仕事をしてくれる社員は宝物になってしまいます。そりゃあ大事に守りますわ。

その節がある人は、全力で辞めましょう。

辞める時に「辞めようと思っています。」と伝えてはいけない。

突き抜けるビジネスマン辞める時は、強い意志を示すことが大切です。会社側は、「あーこれは、説得したらいけるなぁ。」と思ったら、全力で引き止めにかかり、そのままズルズルと働かされてしまうからです。

ありがちですが、「会社を辞めようと思っています」では弱い。「あ、迷ってるんだな?」と思われるので、間違いなく説得モードに入るでしょう。流されます。

「〜と思ってます。」のように相談形式ではなく、「来月で会社を辞めさせて頂きます。転職します。」と伝えると○です。

辞められない時はWebサービスを使うべし

押さえつけられる正社員それでも中々辞められない時があります。

「繁忙期で忙しい人手不足だから、今辞められては困るんだ!」

「人員補充と新人の採用まで待ってくれ〜!」など色々ありますが、この手法にハマって流されてしまう人が多い…。

これは会社側の勝手な都合ですし、あなたがいなくても100%会社は回ります(普通の会社であれば)。

もちろんマナーを守るのは大切です。民法にあるように、2週間前までに退職届を出す必要はあります。会社によっては1ヶ月前に出す必要もあるので、就業規則を確認した上で上司に直接伝えるのが一番でしょう。

ただ、現実には辞めにくい職場・流そうとする踏ん張る職場が多いのも事実。そんな時は、迷わず退職代行サービスがおすすめです。

会社へ連絡する必要はなく、スマホから「辞めたいのですが。」と伝えるだけ。時間が作れるので転職に集中できます


ちなみに、今の最大手はEXIT(イグジット)で退職成功率は100%。

はイグジットを実際に使ってみた人の感想です。

退職代行「EXIT」を見る】

ただ、問題は値段でしょう。例えば、イグジットは退職成功率が100%である代わりにアルバイト・パートなら3万円。正社員なら5万円という手数料がかかります。

物凄い激安のサービスもありますが、そういった所は返金保証なるシステムがあり、手続きが雑だったりするので要注意です。

まとめ:引き止められない人もいる件

中には、引き止められない人もいます。退職日を設定されることもありますが、これは自然なこと。

もちろんその人が特に必要とされていなかったケースもありますが、IT化によって会社の業態は目まぐるしく変わってます。大手企業では、45歳のリストラが横暴し、人手不足の会社と人を早く切りたい会社で二極化しているわけです。

会社の引き止めに対して、本当に納得したなら残ってもいいですが、そうでなければ続けるメリットは何もないでしょう。

会社のためにストレスを溜めながら働くのではなく、自分の人生を生きましょう。