何度見てもおかしい?所得税を抑えたいなら知っておくべき「累進課税法」という超リスク

所得税

会社員のウチは考えることも少ないこの案件。税金の知識は中学生くらいから必修科目にすべきだと思うんですが…。

所得が増えるほど税金が高くなる「本当のリスク」

階段日本だけじゃありませんが、この国には所得税の算出に「累進(るいしん)課税法」が使われます。社会人にとっては常識でしょう。

ただ、サラリーマンの税金は会社が代わりに算出してくれます。そのためか、意外とよく理解してない方が多いのですが…これは100%理解しておくべき仕組みです。

こちらは所得税の一覧表ですね。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000
4,000万円超 45% 4,796,000

この表は国税庁が公開する公式のもので「所得がこれだけあるから、あなたからは〜%の所得税をもらいますよー。」というアレです。

よくある勘違いとして、年収が330万円を超えたからといって、いきなり税率が一律20%になるわけじゃありません。330万円を超えた分だけが20%の対象になります。

タカミチ
例えば年収が350万円だった場合、20万円だけが所得税率20%の対象になるわけです。

とはいえ、経営脳がある人なら気づいているはず。この法律の仕組み、ヤバさを理解していないと本当にまずいかと。

「年収1000万を目指す!」とか言ってる人はまずい。

表を見れば分かると思いますが、あなたの年収に応じて課税される割合は決まってます。

年収1,000万円稼ぐんだ!俺は1億稼ぐんだ!なんて気持ちは分かりますが、ほとんど税金に持ってかれるのが現実です。そして役職が上がっていくほど激務になっていく。

実際に日本は、年収1,000万以上の方が全体の半分以上の所得税を納めています。(日本経済新聞

税金は高く、自分の時間は取れず…これはよろしくない。

年収は必要最低限に。楽しい仕事、自分の大切な時間を稼ごう

まず考えるべきは節税ですが、実際サラリーマンの場合できることが少ないです。経営者であれば経費をかけて利益を抑えたりできますが、給料をもらう側はそう簡単にいきません。

誰でもすぐに起業できる訳でもありませんし、サラリーマンを続ける限り、年収は最低限に抑えながら自分の楽しい仕事。大切なプライベート時間を稼ぐことに専念したほうがいいんじゃないかと。