楽天トラベルの支払いは楽天カードですべき理由|5つのメリットを解説

楽天トラベルで楽天カードを使うメリット

旅行の予約に楽天トラベルを愛用する人は多いかと。

楽天ポイントが貯まってお得ですが、いつまでも現地決済してないでしょうか?

支払いは、なるべく楽天カード(年会費無料)でするのがおすすめです。メリットを解説します。

1.月に1回、1,000円割引クーポンがもらえる

まず、楽天カードの会員(年会費無料)は、毎月1,000円割引のクーポンがもらえます。

クーポン取得ページはこちら
楽天カード会員限定クーポン

クーポンが使えるのは、月に1度まで。計20,000円以上の宿泊プランに使え、ほぼ全ての宿泊施設(全体の約98%)が対応してます。
楽天カード公式

クーポンの使い方は簡単で、上記のページから受け取っておくだけでOK。いつの旅行でも、最後の決済画面で適用できます。ちなみに、他クーポンとも併用できます。

2.もらえる楽天ポイントの量が2倍になる

楽天トラベルからの予約は、1P=1円として使える楽天ポイントが貯まります。

貯まる量は100円につき1ポイント(1%)。

なので、例えば、支払いが32,800円だった場合、下記のように328円分のポイントがもらえます(基本は、チェックアウトの10日後頃に付与)。

楽天トラベルでポイント獲得

参照:楽天Point Club

ポイントを貯める人にはありがたいですが、この支払いを楽天カードにすると、上記に加えて、さらに1%(100円につき1ポイント)もらえます。

楽天カード利用によるポイント還元

参照:楽天Point Club

合計で100円につき2ポイント貯まるわけです。

3.初めてカードを作ると、旅費が実質2,000円引きになる

楽天トラベル-楽天カード

参照:楽天カード

楽天カードを初めて作ると、カードの審査(最短2分)後に2,000円分のポイントが無料でもらえます。これは当日の予約に使えるので覚えておきましょう。
楽天カード公式

4.ダイヤモンド会員の特典が得られる

楽天トラベル-ダイヤモンド・プラチナ会員クーポン

参照:楽天トラベル

楽天には、下記の様に5段階の会員ランクというものがあり、上位の2つ(プラチナ・ダイヤモンド)は楽天トラベルでいろんな割引が受けられます。

  1. レギュラー
  2. シルバー
  3. ゴールド
  4. プラチナ
  5. ダイヤモンド(楽天カードの所持が必須)

最上位のダイヤモンド会員は、プラチナより大きな割引を受けられますが、会員条件に楽天カード(年会費無料)の所持があります。

会員ランクの上げ方や特典は、こちらで詳しく解説してるので、参考にどうぞ。

5.海外旅行のトラブル時に保険がおりる

パスポート

楽天カードには「海外旅行傷害保険」という補償が自動で付きます。特に申請の必要はなく、お金はかかりません。

この権利を持っていると、海外旅行で何かのトラブルで傷害を負うことになった際、保険金として200万円〜3,000万円がおります。細かい条件や金額は公式ページに載っているので参考にどうぞ。

現地決済で予約済みでも、カード支払いに変更可能

既に楽天トラベルで予約が成立し、支払いを「現地決済」にした人でも後から【オンラインカード決済】(即時決済)へ変更できます。

変更できるのは、宿泊日前々日の18時まで。

楽天トラベルの【個人ページ】から、クレジットカード情報を入力すればOKです。なお、下記の場合は変更できないとのこと。

  • 楽天IDでログインしていない
  • クレジットカード決済に対応していないプラン
  • 既に予約の内容(部屋・日程・金額など)を変更していた場合
上記の場合はこちらの様に表示されます。

「お支払方法変更エラー:ご指定のクレジットカードはご利用になれません。入力情報をご確認の上、再入力またはお支払方法を変更してください。」

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。