お金が貯まる人、貯まらない人の違いを解説します(特徴・性格)

お金

世の中には同じように働いて、同じように給料をもらってもお金が貯まる人いつまで経っても貯まらない人の2つに分かれます。

この違いは何なのか?

それは、これまで育った環境。そして、そこから作り出された性格と習慣の違いから生まれます。

お金は、ある程度貯めておかないと

  • 会社をリストラされた時
  • 病気になった時
  • 大切な人が困っている時

に何もできず、辛く悲しい思いをするのは明白ですが…

残念ながら日本には貯金ゼロ円の人が23%(30〜40代)もいます。

というわけで、お金が貯まる人はどんな生活をしているのか?今まで色んな人を見てきましたが、貯まる人の思考には似たものがあります。

リスト形式でピックアップしておくので、貯金生活の参考にどうぞ。

お金が貯まる人の特徴

まずお金が貯まる人です。こういった生活をしてる人は間違いなく金持ちで余裕を持ってます。
  • お金が貯まる人は、本当に必要なものだけを計画的に買う
  • 入ってきた収入を「生活に必要な分」と「不要な分」に分けて後は貯金・投資に充てる。
  • 財布には、少ししかお金を入れておかない(無駄遣いをしない)。
  • ギャンブル要素があるものを一切やらない(パチンコ・FXなど)。
  • 人生はお金じゃないよ、とか綺麗事を言わない。現実的にお金は超大切だと理解している。
  • 仕事を楽しんでいる(から娯楽で消耗しない)。

貯まらない人の特徴

次に貯まらない人です。こういった人はマジでまずいと思う…
  • 貯まらない人は、今欲しいものを欲しいだけ買う(車や家をローンで)。
  • 給料が振り込まれたら、とりあえずパーっと飲みや娯楽に使ってストレスを解消する(仕事が嫌い)
  • 使う予定もないのに財布に5万とか入ってる(入ってないと不安)。
  • 常にギャンブルで一発で当てようと思っている(競馬・宝くじなど)
  • 貯金もないくせに「人生はお金じゃない。」とか言いながら、現実から逃げて行動しない。
  • キャッシュレスは面倒そう…。と現金払いばかりしてポイント・還元を一切もらわない。

ホント、当てはまったら要注意です。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
山崎 元 大橋 弘祐
文響社
¥0 Kindle unlimited(※現価は公式サイトを必ずご確認ください)

無駄遣いを減らすためのテクニック

クレジットカード僕がしている無駄遣いを避ける方法を少し紹介しておきましょう。

まず預金口座は、生活費用と貯金用に分けてしまうのがおすすめです。

おそらくほとんどの人は収入・支出を同じ銀行口座にしているはず。それだと楽しくないので、全くモチベーションが上がりません。

貯めても貯めても毎月減るからです。

普段の給料は生活費用に。ボーナスは全て貯金用に入れる、など工夫をすると、楽しく貯められるはず。必要なものを把握→無駄遣いをなくす→整理して貯金する(楽しみながら)。これがお金の貯まる思考法ですね。

また、買い物の際には下記の記事で紹介した5つのルールを徹底するのがおすすめです。節約生活の参考にどうぞ。

無駄使いやめて貯金する

【節約術】無駄に買わない暮らしで、しっかり貯金するための5つのルールを解説

2019年9月21日