接客業は「人間嫌いになる原因」だったりするので、早めに経験しておくことを全力でおすすめする。

対立-人間

いわゆる接客業に固執してメンタルをやられてしまう人は多いですね…。

アルバイトの中心は接客なので仕方ないですが、いつまでも続けてると人間嫌いになりかねません。ただ、この接客業。実は、学生の内に経験しておく方がいいのです。

コンビニでもレストランでも何でも良い。いきなり倉庫とかデータ入力とかはおすすめしません。

接客を経験しておくとのようなメリットがあるからです。

  • 世の中には「関わっちゃいけないヤバイ人がいること」に早い段階で気付ける。
  • それを回避するために勉強するようになるし、自分の好きな仕事に就けるように努力する。

僕は学生時代、コールセンターに深夜の居酒屋。社会人になってからは営業を経験してきましたが、どんな職種でも100人に1人ぐらいはおかしな人が出てきます。

お客様なので普通に対応するわけですが、この1人だけのせいでやたら疲れるんですよね…。

こんなのとか。本当にカスハラもいいとこですね。(※カスタマーハラスメント:消費者による嫌がらせ)

体験して理解したら、距離を置くにはどうしたらいいか?考えよう

回避動物は危険を察知すると、適切に逃げて自分の命を守ろうとします。これは人間も同じで、ヤバイ人がいたら全力で回避すべき。日本人には「逃げちゃダメだ!」という謎の美徳精神をバラまく人がいますが、あれはもう社会で攻撃されることがない上の年齢層が言っている戯言に過ぎません。

これを真に受けてしまう人は割と多く、真面目な人ほどのようになりがちです。

  • 自分がおかしいのかな?甘いのかな?と悩み始める。
  • 我慢は当たり前なんだ…と自分に言い聞かせるようになり、無理をしながら現状維持に勤しむ。
  • 全ての生物が危険を察知したらしっかり逃げるのに、人間だけどうして逃げてはいけないのでしょう?全くおかしな話です。

    接客業が嫌いだ。苦手だなぁ。向いてないわ。ということが分かったら、じゃあそれと距離を置くにはどうしたらいいのか?知ろうとするし、行動しようとします。これは出来るだけ早い方がいいです。

    社会人の40代、50代で「あ〜営業辞めたいマジで。どうしよ。」とか言うのは本当に遅い…。接客業は少なからず人間嫌いになる可能性を秘めてます。自分の人生なのに勿体無いじゃないですか。早めに経験しときましょう。

    ストレスを抱える女性

    接客業に疲れたし…もう辞めたい。という方へ、無理にストレスを溜めず「人と関わらない仕事」へ転職すると人生が楽になると言う話。

    2018年12月17日