「親の期待」を今すぐ捨てて、ちゃんと自分の人生を生きるべき理由

過保護な親

「親の期待」を背負って生きている人は割と多いはず。

良い大学に入って、
大企業に勤めて、
家に大金を入れて、
孫の顔を見せてあげて、
家を買ってあげて、
介護してあげて、

一見すると素晴らしい風だけど、それは本当に「あなたがやりたいこと」だろうか?親は確かに自分に尽くしてくれたかもしれない。中には毒親に苦しんでいる人もいるだろう。

いずれにしても、親という生き物をベースに自分の人生を生きてはいけない。その理由がこちらだ。

綺麗事を言っても、親は「自分のためだけ」に生きている。

知っておくべきは、親が子どもを産んで育てる1番の理由は、子どものためではないということ。自分の人生のためなのだ。

親が子どもを産んで育てる主な理由、その真実がこちらだ

  • 老後の支え→18.5%
  • 夫婦関係を安定させる→19.0%
  • 生活が楽しくなるから→74.3%
  • つまり、何が言いたいのかというと

    親のために生きてはいけない。親のために働く、親のために進学する。全部あなたの人生ではなく、それは親の人生を豊かにするために生きていることに他ならない。

    自分のために生きよう。忙しい介護や攻撃ばかりしてくる毒親に苦しむ人は多いと思うが、ストレスが溜まる原因になるなら距離をおく努力をしよう。

    親の望む人生、そんなものには何の価値もない。「自分がやりたいこと」を常に意識して、自分を一番に考えてあげよう。

    コメントをどうぞ