2021年10月1日よりディズニーランドの入場チケットがさらに値上げへ|価格推移まとめ

ディズニーランド

2021年10月1日より、ディズニーランド・シーの入場チケットが、さらに値上げすることが発表されました(公式)。

結論から言うと、前年から+400円〜700円ほど。ネット上では、

  • 「めっちゃ高い…ひどいな」
  • 「値上げしすぎ」
  • 「行けない。本当に夢の国になってる」
  • 「夢の国で破産する」

などと言われてますが、確かにこれは…というわけで、2006年から値上げの歴史を振り返ってみました。

2006年からの価格推移を見てみよう

ディズニーランド

こちらは、1日利用できる「1デーパスポートチケット」の価格推移です。ここ最近でどれほど上がっているのか?大人の値段に差額を付けてみました。

年数 幼児・小学生 中学・高校生 大人(18歳以上)
2006年 ¥3,900 ¥5,000 ¥5,800
(+¥0)
2011年 ¥4,100 ¥5,300 ¥6,200
(+¥400)
2014年 ¥4,200 ¥5,500 ¥6,400
(+¥200)
2015年 ¥4,500 ¥6,000 ¥6,900
(+¥500)
2016年 ¥4,800 ¥6,400 ¥7,400
(+¥600)
2020年 ¥4,900 ¥6,900 ¥8,200
(+¥800)
2021年 ¥4,700〜¥5,600 ¥6,600〜¥7,800 ¥7,900〜¥9,400
(約+¥700)

例年の数字は、平日の最も安い日の価格です。土日・祝日は、上記の1.15倍ほど値段が上がります。

2021年に関しては、一部安く買える日があるので価格帯域で表記してますが、全体としては、およそ+400円〜700円の値上げと思ってOK。

細かい数字は公式で拝見できますが、大人の平日料金は、おおよそ¥8,400円〜¥9,400です。

値上げの理由は何なのか

公的な発表はないですが、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドの株価は上昇しており、決算を見ても業績はそれなりに良好。コロナによる影響は大きいですが、値上げはそれ以前から続いていました。

やはり、定期的に設立される新パークの費用・クオリティの高いキャストの維持費用・全体的なサービスレベルの向上のために値上げしているのでしょう。

2030年には、家族4人で行くと入場料だけで5万円はいくかもしれませんね…。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元上場企業のサラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。