邪魔でいらないタンスは断捨離しよう。持たない代わりに必要なものを紹介【ミニマリスト】

タンスの代わりに必要なもの

タンスって冷静に考えると邪魔じゃないですか?今まであるのが当たり前だったものの…これ必要ないな…という結論にいたりました。

というわけで、タンスを断捨離して今後は持たないことに。かなりスッキリしたので、代わりに必要だったものを紹介します。

タンスの使い道をおさらい

靴下タンスに入ってるものは下記のような衣類がほとんどのはず。これをスッキリと別の場所に納めます。

  • 靴下
  • 下着
  • シャツ
  • パンツ(ズボン)
  • 他マフラー・手袋・帽子など

タンスを捨てよう

粗大ゴミ-オンライン申し込み

参照:粗大ごみ-大田区より

タンスは粗大ゴミの「箱物家具」として、各・市区町村の自治体に回収してもらうのが最も一般的です。
オンラインで簡単に予約・申し込み出来るので、自宅地域の粗大ゴミ申し込みサイトを探して予約しましょう。

他にも中古で売ったり、リサイクルショップに持ち込んだりなど色々ありますが、手間を考えると自治体の回収が一番楽かと思います。

代わりに必要なもの

ここからは代わりに必要なものです。

シャツはハンガーにかける

シャツはハンガーにかけたままクローゼットにしまうシャツ類は全てハンガーにかけます。洗濯を終えてハンガーに干した後は、そのままクローゼットへ。畳む必要がありません。これなら手間も省けるし、タンスも不要です。

ちなみに、この方法は、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏も取り入れてます。

服を選ぶ時間をなるべく削減するため、仕事では毎日同じシャツを着るそう。

ベッド下か、クローゼットに最低限の収納を用意しよう

ベッドの下の収納最後にシャツ以外のものをしまう収納が必要ですね。1番のおすすめはベッド下収納を使うこと。僕はここに投げます。なければボックスやルームケースを買ってクローゼットにしまいましょう。

感想:当然だけど、部屋が広くなる

タンスは大きい家具なので、なくなると部屋がスッキリしますね。皆さんも是非!

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。