【裏ワザ】メルカリの売上金・振込手数料を実質無料にする4つの使い方

メルカリの振込手数料を実質無料に

メルカリで物が売れると、その利益は「売上金」へ加算され、自分の銀行口座へ現金として振り込めます。しかし、問題は手数料がかかること

メルカリの振り込み手数料

メルカリは振込に手数料がかかる

2019年末まで1万円以上の振込は無料でしたが、現在は一律で200円に。最短で翌営業日に振り込まれる「お急ぎ振込」は一律で400円かかります(ゆうちょ銀行のみ可)。

このように改悪されたわけですが、残念ながら…メルカリで振り込みする以上、この手数料は必ずかかります。

とはいえ、対策はあります。

本記事では、この売上金を現金と同じように使う4つの方法メルカリとは違い、振り込み手数料が無料になっているフリマアプリを紹介します。参考にどうぞ。

売上金を現金と同じように使う4つの方法

メルカリユーザーには当たり前かもしれませんが、売上金は下記の4つへ使えます。

  1. 電子決済アプリ「メルペイ」の支払い
  2. 電子マネー「ID」の支払い
  3. Suicaへのチャージ(iPhone限定)
  4. メルカリ内の買い物
それぞれ詳しく解説します。既にご存知の方は、ラクマは振込手数料が無料(条件あり)へどうぞ。

1.電子決済アプリ「メルペイ」で使う|コンビニなどの支払いに

メルペイ

1つ目は「メルペイ」ですね。

セブンやローソンなどの大手コンビニ3社や東急ストア・ドラッグストアなどの支払いに使える電子決済アプリで売上金がある場合はそのまま支払いへ使えます。

メルカリ
メルカリ

使い方は簡単でメルカリアプリの右下にある「メルペイ」を押せばOK。本人確認(マイナンバーや運転免許証の提出)が済んでない場合は、売上金でポイントをチャージし、そのポイントで支払うという流れになります。

本人確認が済むと、このチャージ作業はいらず、売上金をそのまま支払いへ使えます。

メルぺイは大手コンビニやイトーヨーカドー、ビックカメラや100円均一のダイソーなど使えるお店が増えてます。こちらの公式ページを参考にどうぞ。
ダイソー-100均ショップ

ダイソーが楽天ペイ・au PAY・メルペイに対応へ|3月1日から

2022年2月4日

2.電子マネー「ID」で使う|外食・スーパーなど

メルペイが使えない店はこちらを使いましょう。

下記のようにメルペイの「ID」アイコンから簡単に設定でき、設定が済むと「ID」の対応店で売上金がそのまま支払いに使えます。

メルカリ-IDで支払う

大手コンビニやマクドナルド・ドトール、ショッピングモールなど、色んな店で使えて汎用性は高いです。

こちらの公式ページで確認できます。

3.Suicaのチャージに使う(iPhone限定)

iPhone限定ですが、先ほど紹介した「ID」の設定を済ますと、モバイルSuicaの現金チャージにメルカリの売上金が使えます。

モバイルSuicaのチャージをメルカリで

入金→Apple Payでチャージ→メルペイ電子マネーを選択

モバイルSuica

iPhoneユーザーでよく電車やバスに乗る人はおすすめです。メルカリの売上金を無駄にしません。

4.メルカリ内の買い物に使う

売上金はメルカリ内の買い物でそのまま使えます。

メルカリ

欲しいものがなければ割引券などを買うのもありですね。

ラクマは振込手数料が無料(条件あり)

楽天が運営するフリマアプリがラクマです。使い方はメルカリとほぼ同じで私も使い分けてますが、売上の振込手数料は下記の通り。

金融機関名 申請金額 振込手数料
楽天銀行 10,000円以上 無料
9,999円以下 210円
その他の金融機関 金額問わず 210円

楽天銀行(開設無料)への振り込みは無料なのです。楽天ポイントも貯まるので、1度試してみてはいかが?

楽天ラクマ – フリマアプリ

メルカリの振込申請には期限があるので要注意

最後に、メルカリの売上金・振込申請には期限があるので気をつけましょう。ルールは下記の通りです。

  1. 振込の受付は、売上に計上されてから180日以内
  2. 期限までに売上金を使わなかった場合は、登録した口座へ自動的に振り込まれる
  3. 口座を登録していない場合は失効してしまう(全て無くなり、二度と復活しません)

期限を過ぎると自動で振り込まれ、登録口座がないと失効するので十分に気をつけてください。

振込はなるべくまとめてしよう|キャンペーンもチェック

メルカリの銀行振り込みは、極力まとめてしましょう。こまめにすると、その都度手数料がかかるからです。

メルカリはかつてキャンペーンで「振込手数料無料チケット」というものも配布していましたが、現在は配られていません。

またやる可能性もあるので、下記のような公式ページでチェックするようにしましょう。
メルカリびより

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。