スタバ、閉店3時間前はドーナツなどの食品を20%OFFで販売へ|フードロス削減のため

スタバーフードロス削減

“スタバ”ことスターバックス・ジャパンが、8月23日より食品の無駄な廃棄を減らすための新プログラム「フードロス削減」を始めます。

閉店3時間前をめどに、店内で売られているドーナツやケーキ・サンドイッチなどの食品が20%OFFで買えるとのこと。

プログラムを実施する際は、店内および食品ゲージに「SAVE FOOD」のPOPが表示され、店内で食べても、持ち帰ってもOK。
スタバーフードロス削減
スタバは、2030年までに店から出る食品の廃棄物50%削減を目指しており、

同プログラムの売上の一部は「認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」に寄付されるとのこと。musubie

子どもが一人で安全に無料、もしくは低額で食事ができる施設です。とても良い試み。


ほとんどのスタバ店舗は22時閉店なので、買う側としては、その3時間前の7時頃〜が狙い目でしょうか。

気になる方は、最寄りのスタバに寄ってみましょう。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。