年金っていくら払って、いくらもらえるの?分かりやすく図解説します。

年金-いくらもらえる?

老後生活を支える年金ですが、実際にいくらもらえるのか?よく分からない人も多いはず…。

ここでは、最低限の予備知識を解説した上で、各々の働き方や収入に応じた年金額の目安について、分かりやすく図解説していきます。

注意
年金の種類には、企業や民間で取り扱うものもありますが、ここでは、ほぼ全ての国民が関わる「国の公的年金」についての解説になります。

年金の種類は、大きく分けて3種類。最も気になるのは老齢年金

公的年金の種類-老齢-障害-遺族
公的年金の種類には、大きく3種類ありますが、最も気になるのは老後にもらう予定の老齢年金ではないでしょうか?

我々は、一体どれ程もらえるのか?

これを把握すると、「老後は年金と貯金だけで暮らせるのか?」「どのくらい仕事を続けるべきなのか?」などが判断しやすくなります。


この違いはとても簡単で、こちらのように理解しておきましょう。

  • 老齢年金・・・老後にもらえる年金
  • 遺族年金・・・遺族が亡くなった時にもらえる年金
  • 障害年金・・・病気や怪我で生活に支障が出た時にもらえる年金

あなたがもらえる老齢年金はコレ

老齢年金の種類には2つあり、国民年金(基礎年金)と厚生年金に分かれます。その違いはシンプルに下記のように覚えておきましょう。

  • サラリーマンや公務員は、両方もらえる(国民年金+厚生年金)
  • 自営業・フリーランスなどの自由業は、国民年金のみ
要するに厚生年金とは、サラリーマンや公務員の方に、「よく働いてくれましたね。」と、当時の収入や家族構成に応じて公的年金を追加で支払ってくれる制度というわけです。


国民年金は20〜60歳の全ての国民が入る制度ですが、最低でも10年間は国にしっかり納めた経歴が必要になりますね(2017年8月に25年→10年に短縮)。

皆、どのくらい年金をもらえるのか?(国民年金編)

では、実際に国民年金(基礎年金)はどのくらい貰えるのでしょうか?これは納めた年金額・期間や働き方によって変わるため、分かりやすく平均値で見てみましょう。まずは、サラリーマンも自営業の方も受け取れる国民年金からです。


サラリーマンや公務員の方は、毎月給料から引かれているので意識しにくいですが、国民年金は20歳から毎月約1,6000円ほど支払っています(毎年見直されます)。1年で約20万円。60歳までの40年だと約800万円払いますね。

ちなみに、令和元年度(平成31年4月~令和2年3月まで)は月額16,410円でした。
国民年金の保険料はいくらですか。|日本年金機構

20歳から40年間、満額支払うと…?

年金を40年支払うともらえる金額
結論からいうと、60歳までの40年間、満額で支払っていると年間で77万9,300円。一ヶ月あたり6万5,000円ほどが受給できます。しかし…

全体の平均は約5万5,000円ほど

実際のところ、40年満額で払っている方は稀です。平均受給額は月に5万5,000円となっていますね。(厚生労働省「平成28年度 厚生年金保険・国民年金事業年報」より)

よって「国民年金はおおよそ、月に5万円前後もらえるもの」と考えておきましょう。

国民年金(基礎年金)は遅らせると最大42%増える

節約ハック
国民年金(基礎年金)は原則65歳から受給できますが、希望することで受け取る時期を最大5年間も早くしたり、遅くしたりできるんです。これを繰上げ・繰下げ受給と呼びます。
年金-早く受け取る-遅く受け取る-割合の変化早くすると毎月の受給率は最大30%減りますが、遅くすると最大42%増えることも覚えておきましょう。

サラリーマン・公務員の方は、さらに厚生年金が追加される!どのくらいもらえるの?

先ほども伝えたように、サラリーマンや公務員の方には、国民年金に加えて厚生年金が支払われます。では、どのくらいもらえるのでしょうか?厚生年金は国民年金と違い、一律に決められた上限がなく、主に下記の3つで変動します。

  • 実際に勤めている時の収入
  • 生年月日
  • 家族構成
というわけで、実際に収入に応じた受給額の平均を見ていきましょう。

収入に応じた受給額の目安表と平均を解説

厚生年金の目安
実際に厚生年金を受け取っている方は、国民年金とあわせて平均、月に約15万円受給しているデータが取れています。(厚生労働省「平成28年度 厚生年金保険・国民年金事業年報」より)

ちなみに、こちらが月の収入に応じた受給額の目安表です。

国民・厚生年金に40年加入した場合

在職時の平均月収 国民年金
月額
厚生年金
月額
合計で…
月額
25万円 約6.5万円 約7.5万円 約14.0万円
30万円 約9.0万円 約15.5万円
35万円 約10.5万円 約17.0万円
40万円 約12.0万円 約18.5万円
45万円 約13.5万円 約20.0万円

国民・厚生年金に30年加入した場合

在職時の平均月収 国民年金
月額
厚生年金
月額
合計で…
月額
25万円 約4.8万円 約5.6万円 約10.5万円
30万円 約6.7万円 約11.6万円
35万円 約7.8万円 約12.7万円
40万円 約9.0万円 約13.9万円
45万円 約10.1万円 約15.0万円

合計額を見れば、実際にどのくらい貰えるのか?目安がつくかと思います。是非参考にしてください。

年金見込額を確認したい人は「ねんきんネット」を使おう

ねんきんネット
自分の年金見込額を細かく確認したい方は、ねんきんネットを使いましょう。

これは日本年金機構が運営するサービスで、納付状況から将来の見込み額などを算出してくれます。細かく管理したい人は要チェックです。

自分の納付状況を把握したい人は、「ねんきん定期便」をチェックしよう。

ねんきん定期便自分の納付状況が分からない!なんて方は「ねんきん定期便」をチェックするのがベストです。

これは自分の誕生月にポストに届くサービスで個人の年金記録を見ることができます。(誕生日が1月の方のみ12月に届きます。)

もし届かないという場合は、ご自分の区にある年金事務所に住所がしっかり登録してあるか確認して変更届けを出しましょう。