マイナス要素は削ろう。画像SEOで守るべき5つのルール

Webサイト-設定-seo-画像

この記事では、SEOの中でも見逃しがちな「画像のSEO」について、最低限やるべきことを解説していきます。

なお、内容はGoolgeウェブマスター向けに公開されている画像の最適化(Google Search: State of the Union)と自身の経験を元にしています。

画像検索を含め、記事の検索順位にも多少なり影響するため、是非参考にしてください。

1.記事に使う画像は内容にあったものを

ブログ記事内の画像は、内容に合うものを
基本的に記事内に貼る画像は、アイキャッチ画像も含めて内容にあったものを貼るといいでしょう。

とはいえ、オリジナリティやユーモアさを重視したい時もあるので、そこまで強く縛る必要はないかなと思います。

2.画像の周りに関係するテキストを

seo-画像の周りに関係するテキストを
画像の意味を表すテキストを画像の周りで使うと、Googleが画像の内容を理解するのに役立ちます。

ただし、ここもあまり意識しすぎるとおかしなことになるので、必要な時だけにしましょう。

3.alt属性を設定する

alt属性
alt(オルト)属性も必須ですね。画像検索のためにも、ここには検索キーワードを入れたり、具体的に書くことをお勧めします。猫の画像でも「可愛い猫」や「舌を出している猫」といった感じですね。

WordPressの場合は、画像の挿入画面にある「タイトル」の部分がalt属性になります。
alt-seo一方、「説明文」の部分は、title属性になります。何らかの障害で画像が表示されなかった場合は、この文章が記事に表示されるので、設定しておきましょう。

ただし、title属性は、Googleのクローラーに情報を送るためのものではなく、あくまでユーザーの情報を補完するためのもの。滅多に使われない部分でもあるため、alt属性と同じ内容でもさほど問題ありません。

4.ファイル名を設定

SEO-画像-ファイル名を設定
実はファイル名も重要です。ブログ内を巡回するクローラーが画像の内容を理解するのに役立ちます。しっかりインデックスしてもらいたいなら、英語表記で詳しく書きましょう。

例えば、猫の画像ならファイル名は「Cat」や「Cute Cat」などがおすすめです。日本語のファイル名でも問題なし!という意見もありますが、リスクを避けるなら英語がおすすめです。

5.重要なテキストは、画像で説明しない

重要なテキストは、画像で説明しない

現時点でGoogleのクローラーは、画像内に書かれたテキストを理解することができません。

よって、検索されることが多いキーワードや記事のポイントとなる部分は、なるべくHTML(テキスト)の状態で記述しましょう。

まとめ

画像SEOは、意外と見落としてる方が多い印象です。ブログ初心者の方なら、始めに覚えてしまうと楽です。

コメントをどうぞ