【初心者向け】クレジットカードとは何なのか?簡単な仕組みや注意点を分かりやすく図解説します。

クレジットカードとは?分かりやすく解説

20歳前後で持ち始める人が多いクレジットカードですが、実際にどういう仕組みなのか?どんなメリットがあるのか?分からない人は多いはず。

とはいえ、クレジットカードをなんとなく作って使うのは、とても危険です

節約ハック
ここでは、FPの私がクレジットカードを持つことで得られるメリットを解説した上で、簡単にその仕組みも図解説していきましょう。

クレジットカードで「後払い」が出来るようになる。一体なぜ?

ご存知の通り、クレジットカードを使うと、現金を使わずとも買い物が出来るようになりますね。この仕組みはとても簡単で、、

クレジットカードの仕組み-後払い
クレジットカード会社が一時的にお金を代わりに払ってくれる。つまり、立て替えてくれるからです。

あなたが立て替えてもらったお金は、後日、商品を買ったお店ではなく…クレジット会社へと支払う。これによって大金を持ち歩いたり、大きな金額の買い物がスムーズに出来るわけです。

誰でも簡単に作れるの?

クレジットには審査がある
クレジットカードは、誰でも作れるわけではありません。「その人がいくらまでなら支払えるのか?」これを確認するための審査に通る必要があります。

審査基準はクレジット会社やカードの種類によって違うので、通りやすい所もあれば、厳しい所もあるんです。

どんな審査があるの?

クレジットカードは書類審査が基本
基本は書類審査になります。申請用紙やパソコン・スマホから下記のような情報をクレジット会社に提出し、「この人なら代わりに払っても問題ないな!」と判断されれば、審査に通ります。
クレジット会社に提出する主な情報
  • 氏名
  • 住所
  • 勤務先
  • 年収(カードによって年収を証明する資料が必要)
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のコピー

その後の審査でさらに信用性をチェック!

申請した上でこれらの書類を提出すると、まず本人の意思で申請されたのか?電話やメッセージなどで確認されます。これが済むと、

クレジットカードの審査
申請者が過去に自社のクレジットカードやサービスを利用していたことがあるか?など過去の利用状況をチェックし、金銭的な問題がなかったか?が確認されますね。

さらに、申請者が他のクレジット会社と問題を起こしていないか?ということもチェックされます!

カードの利用履歴は全て筒抜け
全てのクレジット会社間でカードの利用実績は公開されています。

支払いが長い間滞ったり、利用者が犯罪に関わったりしていれば、その人の情報は常に共有されて対策されるシステムなのです(指定信用情報機関にて)。

審査の合否を決めるポイントは?【2つある】

上記のような情報を総合的に見た上で合否されますが、審査で最も重要なポイントは、下記の2つです。

  • 契約通りにしっかり支払いが出来る人か?
  • 支払いはいくらまでなら可能な人なのか?
これに適さないと判断された人は落とされ、問題ないと判断されれば通ります。