【平均】社会人の年間読書量は「ほぼ6冊未満」。情報弱者にならないために今からすべきこと

月間・年間読書量
画像は楽天ブックスより
節約ハック
これはひどい…。。
みなさん、読書はちゃんとしてますか?

僕は社会人になってから定期的に読書するようにしていますが、この理由はシンプルで、情報弱者にならないためです。

テレビや動画でいいじゃん!と思うかもしれませんが、それでは下記の2つの力が年々衰えていくので。

  • 自分で情報を整理する力(取捨選択をする力)
  • 物事の本質を見抜く力

で、気になったのが社会人の読書量なんですが…めちゃめちゃ少ない…こりゃまずいでしょ!

日本人の平均読書量、年6冊未満がほとんど

ビジネスマンの月の読書量

ビジネスパーソン700人に聞いた読書量

年間100冊以上は読むよ!なんて人もいますが、実際、日本人の読書量はこんな感じ。年6冊未満が「42.1%」とほとんどを占めてます。

ただ「読みたい思い」だけはある模様。
ビジネスマンの読書したい割合

あくまで楽天ブックスの統計なので、一概には言えませんが、実際、社会人が本に触れる時間は少なくなってますよね。

なぜ読まないか?→時間と余裕がないから

オーディブル今の社会人は圧倒的に時間が足りません。朝10時に出勤して帰りは夜の22時。そんな生活してたら、そりゃゆっくり読む時間なんて確保できません。

とはいえ、すぐに時間を伸ばせないのが現実。なので、始めはの様に生活の空き時間にセットしてしまうのがおすすめです。

  • 通勤電車では、必ず仕事に繋がる↑本を読む
  • 寝る前の20分は必ずマンガを読む

また、下記の様なサービスを使えば、かなり安く読めます。

世の中の成功者は決まって読書家です。とはいえ、無理をせず、まずは自分が夢中になれるテーマを見つけましょう。1ヶ月に3冊目標!!なんてやっても、まぁ〜続きません。楽しくないので。

人間の脳ってそんな優秀に出来てないですからね。仕組みを作ってあげると上手くいきますよ。

本-知識-世界が広がる

成功者達は皆、本を読んでいる。読書量はまちまちで、重要なのは習慣づけとジャンル。

2019年5月7日
社会人の絶望的な読書量

社会人の読書量が絶望的な件。長時間労働が思考停止を招く理由。

2019年2月7日