ダイソンのバッテリーだけが買える、おすすめの店と注意点を解説

ダイソン-バッテリー

ダイソンのバッテリーは取り外し交換できますが、購入時には予備のバッテリーが付いてません(一部セットモデルを除き)。

人によっては「ひとつのバッテリーじゃ足りない…」「フル充電でもバッテリーが持たなくなってきた…」ということはあるかと。

というわけで、私も購入して4年になるダイソンのバッテリーを交換し、完全復活させました。

本記事では、ダイソンのバッテリーを単品で買える店と知っておくべき注意点を解説します。

公式SHOPで買う|純正品が購入可能

ダイソンの交換用バッテリー-公式ストア
まずはダイソンの公式オンラインストアです。基本はここでOK。安心の純正品が買えます。

私もここで買いましたが、お値段が8,800円〜9,350円(税込)と純正品らしい値段です。こだわりがない方は、こちらも検討しましょう。

他社製も購入可能|注意点あり

ダイソン-バッテリー
バッテリーは純正以外の製品がたくさん出てます。値段は純正の半額ほど。今回はこちらも買ってみました。

他社製なので少し心配でしたが、全く問題なく使えてます。バッテリー容量が純正品よりも1.3倍〜2.0倍多いので、稼働時間がその分とても長いです。

基本6ヶ月〜12ヶ月のメーカー保証がつきますが、必ずこちらのマークが付いた商品を選ぶようにしましょう。

選ぶなら、PSEマークの付いたバッテリーを

他社製を買うなら、必ず「PSEマーク」が付いたバッテリーを選ぶようにしましょう。

PSEマーク

実際に買ったバッテリー

PSEマークは、国(経済産業省)が安全な製品と認めた証です。付いてない製品も出回っているので気をつけてください。

純正バッテリーにもしっかり記載されてますね

ダイソン-PSE

バッテリーのモデルも間違えないようにしよう|判別方法

ダイソン掃除機のバッテリー

バッテリーの種類はダイソンの型式で変わります。必ず自分の使うダイソンに対応したバッテリーを選ぶようにしましょう。

これは今使っているダイソンのバッテリー裏側を見ると分かります。「SV〜・DC〜・HH〜」という記載があるはず。これがバッテリーの型式No.です。

ダイソン-バッテリーの型番の調べ方

SV07 = ダイソンV6用のバッテリー

例えば、SV07と書かれている場合はダイソンV6なので、V6用のバッテリーを購入すればOK。その他は、こちらに一覧を載せます。

掃除機の名称バッテリーの型式
V6SV09, SV08, SV07, HH08, DC74, DC62, DC61
V7SV11, HH11
V8SV10D,SV10K
V10SV12
V11SV14, SV15
Dyson Digital SlimSV18
Dyson Omni GlideSV19
V12 Detect SlimSV20, SV30
V15 DetectSV22

詳しくは、公式サイトの交換用バッテリー表を参考にどうぞ。

購入2年以内なら無償交換の可能性?

ダイソン本体を買ってから2年以内はメーカー保証が受けられます。

普通に使っていて「フル充電なのに数分でバッテリーが切れる」等…あまりにひどい症状の場合、意図していない不具合として、基本的はバッテリーを無償交換してくれるわけです(※)。

なお、その際は、公式ストアから製品保証登録をする必要があります(ダイソン本体に記載されている製造番号を入力する必要あり:詳細


参考になれば幸いです。

※バッテリーは100%無償交換してくれる、とは限りません。都度、対応は変わります。ご注意ください。
ダイソン-バッテリー

ダイソン掃除機の充電バッテリーがすぐ切れる…その原因と対処法まとめ

2022年11月18日
ダイソン-コストコ

ダイソンの掃除機は、コストコでかなり安い|価格の目安について

2022年1月13日
ダイソンの掃除機

ダイソンの掃除機を安く買う方法|おすすめの店から安い時期・アウトレット品についても解説

2022年1月9日
コメントする