Apple WatchのBluetooth接続を一時的にオフにする方法

apple-watch-Bluetoothをオフにする

Apple Watchは、iPhoneとペアリング(連携)すると、iPhoneのモバイルデータ通信がそのまま使えます。

ペアリングをするには、両者のBluetoothをオンにしますが、このBluetooth接続を常にオンにしているとバッテリーの消耗が激しいので、基本はオフ。必要な時にだけオンして使ってみることにしました。なので、

このページでは、Apple Watch側からBluetoothをオン・オフにする方法を解説します。

「設定」もしくは「コントロールセンター」を開こう

apple-watch-設定

方法は簡単です。

基本的にはApple Watchの「設定」→「Bluetooth」→「Bluetoothの項目をオフ」にすればOK。これで切ることが出来ます。

Apple-watch-Bluetoothの設定 Apple-watch-Bluetoothの設定

また、文字盤の画面で指を下から上にスライドすると下記のように「コントロールセンター」が表示され、この中から素早くBluetoothの設定画面に飛ぶこともできます(デバイスを接続を選べばOK)。

Apple-watch-コントロールセンター Apple-watch-コントロールセンターからBluetoothを開く Apple-watch-コントロールセンターからBluetoothを開く

活用してみてください。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元サラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。