買うならここがベスト|Apple Watchを安く買う方法とお得な店を解説

Apple Watch-SE

Apple Watchが欲しいけど、どこで買えば良いか分からない人は多いはず。

3万円〜6万円はするので、なるべく安く買いたい所ですが、下記の方法なら-500円〜5,000円で買えます。

節約ハック
僕はビックカメラで買いましたが、時期や人によっておすすめの店は変わるので要チェック。

新品だけでなく、中古を買う際の注意点やモデルの選び方も解説するので、参考にどうぞ。

Apple Watchの定価はいくら?

Apple Watch2021年12月現在、Appleの公式サイトで販売されているApple Watchの種類・定価は、下記の通りです。後ほど機種の選び方も解説します。

定価(税込)
世代 タイプ 画面サイズ GPS GPS+Cellular
Apple Watch
Series3
発売:2017年9月〜
通常版 38mm ¥22,800〜
42mm ¥26,800〜
Apple Watch
SE
発売:2020年9月〜
通常版
or NIKE
40mm ¥32,800〜 ¥38,800〜
44mm ¥36,800〜 ¥42,800〜
Apple Watch
Series7
発売:2021年10月〜
通常版
or NIKE
41mm ¥48,800〜 ¥60,800〜
45mm ¥52,800〜 ¥64,800〜
Edition
チタニウム
41mm ¥94,800〜
45mm ¥100,800〜
Hermès
エルメス
41mm ¥141,800〜
45mm ¥147,800〜

損しない機種の選び方|2021年編

apple-watchの選び方-比較

Apple Watchは、モデルによって随分と値段が変わります。

初めて買う場合、どれを選べば良いか分からないと思いますが、2021年現在は、下記のように選べば失敗しません。

迷ったら、コスパの高いApple Watch SEがおすすめ

Apple Watch-SE

Apple Watch SEは、一部の不要な機能を省き、価格を抑えたモデルです。

コスパ最高・これで十分」という声が多く、基本的には、こちらで問題ありません。

最新モデルのSeries7より値段が約30%安く、必要な機能は一通り揃ってます。私も使ってますが、下記の機能が使えないだけなので、不要ならこのSEを選びましょう。

この機能が欲しい人は、Series7を選ぼう

この4つの機能が必要なら、2021年の最新モデル「Series7」を選びましょう。SEは使えません。

  1. 本体の画面を常につける機能
  2. 血中酸素濃度の測る機能
  3. 心電図をとる機能
  4. 約30%ほど速い充電性能

1.本体の画面を常につける機能

Apple_Watch

Apple Watchは、時計を付けている方の腕を目の前に持ってくると自動で画面がつき、腕を下ろすと自動で画面が消えます。

これが節電になり、かなり便利ですが、Series5からは「常にオン」というオプション機能が追加され、腕を下ろした状態でも画面をつけっぱなしの状態に出来ます。

SEはこの機能が省かれているので要注意です。

2.血中・酸素濃度の測定

血中酸素濃度-apple watch

Series6からは、血中の酸素濃度が測定できるようになってます。肺の健康状態や呼吸器系に異常がないか、1つの目安を確認できますが、ほとんどの方は不要かと思います。

一方で登山家や低酸素トレーニングをするようなスポーツ選手は、あると有難いかもしれません。SEはセンサーが省かれているため、測定できません。

3.心電図の測定

Series6から心電図が記録できるようになってます。健康診断で胸を押し当てて測るアレですね。主に心臓の健康を判断する指標ですが、SEはこれが測定できません。

これも人によっては使わないかと思います。

4.約30%速い充電性能

Apple Watch-充電

Apple Watchは、これまでバッテリー0%から100%になるまでの時間が約90分でした。

しかし、Series7からは最速75分になり、約33%速く充電できることが公表されています。

とはいえ、バッテリーの容量に違いはなく、連続して使える時間は同じです(稼働目安18時間)。

Series3は、基本的に非推奨

2017年から販売されているSeries3ですが、基本的に選ばないことをお勧めします。

そもそもなぜ、Series5や6ではなく、3が今も公式サイトに置かれているのか…これは最新モデルとの比較対象として置かれていると考えられています。

Series5や6を置いておくと、そこまで変わってないように見えますが、3を置いておけば「こんなに進化してるんだ。」となります。

Series3は2万円代で買えるため「あれ、これじゃいいんじゃ…?」と思いそうですが、先ほども伝えた通り、基本的におすすめしません。なぜなら、買ってもまともに使える期間がとても短い(可能性が高い)からです。

古いモデルは、OSのアップデートにすぐ対応しなくなる

apple-watch-アップデート

Apple Watchは、iPhoneと同じようにOS(指令を出すシステム)というソフトウェアが入ってます。

Apple Watchに入っているOSの正式名称は、Watch OS。2021年の最新版は、Watch OS 8ですが、既に1つ前のSeries2モデルは対応してません。

watchOS 8 には、Apple Watch Series 3 以降と Apple Watch SE が対応しています。

Apple Watch をアップデートする

このWatch OSは、3年〜4年の頻度で大きくアップデートされ、古い端末は対応しなくなります

おそらく次回の更新でSeries3は対応しなくなるでしょう。最新のOSに対応できないと特定のアプリが全く使えなかったり、ウイルス・バグの原因になります。気をつけてください。

運動に付けるならNIKEモデルを選ぼう

SE・Series7では、NIKEモデルが選べます。通常版との違いは下記の4つ。

  1. NIKEモデルだけの文字盤が使える
  2. NIKE公式のスポーツ専用バンドになる
  3. Nike Run Clubアプリが初期インストールされている
  4. 本体の裏面にNIKEのロゴが入っている

4つの違い

NIKEのバンドとはこれですね。はじめに付いてくるバンドがこんな感じになります。

Apple-watch-NIKE-バンド

カジュアルなバンドに比べて少し軽く、通気性に優れてます。汗をかいても蒸れにくいので、まさにスポーツ専用ですね。通常モデルと同じように、後から別のバンドを買ってカスタマイズも出来ます。apple-watch-NIKEモデルまた、「Nike Run Club」というアプリが初期で入っており、自分専用のスポーツプランランニングデータが記録できます(通常版でも利用可能)。

NIKE専用の文字盤が使えるのも1つのメリットですね。

Apple-watch-NIKE-文字盤 Apple-watch-NIKE-文字盤 Apple-watch-NIKE-文字盤 Apple-watch-NIKE-文字盤

ランニングのタイム・天気がすぐに分かり、音楽もすぐ再生できます。

後は本体の裏面とバンドにNIKEのロゴが入ってます。apple-watch-nike違いはこれだけで、基本的な性能に違いはありませんが、価格は通常版と全く同じなので、NIKEとスポーツが好きならおすすめです。

ファッションにあわせるなら、エルメスモデルも人気

エルメス_apple_watch

通常版と比べて基本的な性能の違いはないですが、エルメス公式の高級レザーバンドが付き、エルメスオリジナルの文字盤が使えます。

エルメス_apple_watch-ドゥブルトゥール エルメス_apple_watch

本革のドゥブルトゥール(二重巻き)が選べ、よりパリジェンヌなファッションな方に人気です。

ほとんどの人は通常モデルでOK

Apple Watchのバンドは、いろんなブランドが出しており、割とリーズナブルです。

飽きたら次々に変えられるのが良いところで、余程エルメスにこだわりがない方は、通常モデルを買って都度カスタマイズするのがおすすめです。

文字盤(時計の壁紙)についても専用アプリを入れれば、色々カスタマイズできます。無理にエルメスを選ぶ必要はないです。

耐久性ならチタニウムモデルを選ぼう

apple_watch-チタニウム

source:iPhon.fr

通常モデルの外装がアルミ素材なのに対し、Edition(チタニウム)モデルは、チタニウムという頑強な素材で出来てます。

このチタニウムは、鉄より頑丈で熱に強い特徴があり、画面割れや傷が心配ならこのモデルがおすすめ。アルミ素材に比べて3倍の強度があると考えられています。

GPS・GPS+Cellularモデルの違い・選び方

apple_Watch_wifi

Apple Watchには、iPadと同じようにGPSとGPS+Cellular(セルラー)という2つのモデルがあります。

この違いは、携帯の電波を単体で受信できるかどうか

GPSモデルは、iPhoneが近くにないとデータ通信できない

apple-watch-gpsモデル

GPSモデルは、iPhoneと連携してネットや電話が使えます。しかし、単体では電波が受け取れず、使えません。WiFiには接続できますが、基本的にはiPhoneと連携して使います。

GPS+Cellular(セルラー)モデルは、単体でデータ通信できる

apple-watch-着信
一方、GPS+Cellular(セルラー)モデルは、iPhoneがなくても単体で電話やネットが使えます。

これによって、下記のようなメリットがあります。

  • iPhoneを家に忘れたり、外出先でバッテリーがなくなっても、Apple Watchだけで電話やSuicaが使え、メールやLINEの返信も出来る
  • iPhoneがなくても運動中に音楽をストリーミング再生できる
  • コンビニでiPhoneや財布がなくても支払いができる(Apple Pay)
  • プールなどiPhoneが持ち運べない場所でもLINEのチェックができる

ただし、単体でのデータ通信は、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が用意しているオプション・プランに入る必要があります(Apple Watch本体から申請可能)。

iPhoneは常に持ち歩くだろうし、充電が切れることもあまりない。」という方は、GPSモデルで十分です。

安く買う際のコツ|5つ

Apple Watch

実際のところ、Apple Watchの新品価格はショップ間でほぼ差がありません。では、どこを見るべきかと言うと、下記の5つです。

1.ポイント還元料の多い店で買おう

Apple Watchを買うと、通常3%前後(1,000円〜2,000円分のポイント)が還元されます。しかし、店によって還元料が変わり、購入方法を変えるだけで、通常より多くもらう方法もあります。詳しくは、おすすめの店で解説します。

2.送料無料の店で買おう

店によっては送料(税込:550円)のかかる店もあります。必ず無料の店で買いましょう。

3.割引セールもチェックしよう

Amazonヤマダ電機では、セールで安くなる時期があります。おすすめの店で詳しく紹介します。

4.中古品も検討しよう

Apple Watchを買ったけど、あまり使わなかった…」という人は結構います。フリマや中古店では、未使用のまま出品しているケースもあるので要チェック。とはいえ、注意点もあるので詳しくは「中古で買う」を参考にどうぞ。

5.適切なモデルを選ぼう

無理に高いモデルを選ばずに自分が必要としている機能・特性を理解して最適なモデルを選びましょう。詳しくは、先ほど解説したApple Watchの選び方を参考にどうぞ。

おすすめの店・一覧

では、おすすめの店をいくつか解説します。

ヤマダウェブコムで買う(3%還元・送料無料)

ヤマダ電機のオンラインショップです。1P=1円で使えるヤマダポイントが3%還元(約1,000円〜1,500円分)され、送料は無料。

モデルは一通り揃っており、普段から家電を買っている人は、大量にポイントが溜まっている可能性もあります。期限が切れる前に使いましょう(最後の買い物から1年で失効)

セールもチェック
ヤマダウェブコムは、稀に最新モデル・型落ちモデル(1つ前のモデル)がセールで約4,000円〜5,000円ほど安くなります。過去のタイミングは、下記の通り。

  • 1月〜2月末:Web限定・在庫一掃セール
  • 6月中ば:サマーセール
  • 8月中ば:新型モデル発売前の在庫一掃セール

セール中かは公式ページで確認できます。見ておきましょう。

LINEショッピングで買う(LINEポイントを貯めたい方)

LINEが運営する「LINEショッピング」はただ経由するだけでポイントがもらえるショッピングモールです。

2021年8月からAppleが出店しており、このサイトからApple公式サイトへ飛んで買うと、支払額の1%がLINEポイントとしてもらえます。
apple-lineショッピングLINEポイントは、LINEスタンプ・絵文字などの購入に使え、1P=1円としてLINE Payの支払いにも使えるので、使いそうな人は活用しておきましょう。

あわせて読みたい
ポイントを受け取るには、LINEアカウントでログインする必要があります。実際の使い方は、こちらで解説しているので、参考にどうぞ。
apple-lineショッピング

LINEショッピングにApple公式サイトが登場|経由して買うと1%のLINEポイント還元へ

2021年11月4日

Amazonで買う(現金値引き)

Amazonは現金値引きされることが多く、ポイント還元は1%〜12%。配送も速く、ほとんどのタイミングでどの店よりも安くなります。送料も無料。

また、プリペイド式のAmazonギフト券に現金をチャージするとポイントがもらえるので、その残高で支払うと、よりお得に(最大2.5%)。
Amazonギフト券のチャージでキャッシュバック

セールもチェックしよう
Amazonも度々セールで安くなります。最新機種だけでなく、型落ちモデル(Series5・6)も安くなるのでチェックしておきましょう。約10%引きで買えます。

セール名 開催時期
Amazonタイムセール祭り 1月・3月以外の全ての月で不定期に開催(詳細
Amazonプライムデーセール 7月の中ば〜開催(詳細
Amazonブラックフライデーセール 11月末〜開催(詳細
Amazonサイバーマンデーセール 12月頭〜開催(詳細
ポイントを貯めて買うのもアリ
下記のようなサイトでアンケートやゲームなどのミッションをクリアするとポイントが貯まり、1P=1円としてAmazonギフト券に交換できます。

無料のクレジットカード発行などは5,000〜10,000P貯まる案件もあるので、このポイントで買ってしまうのもアリです。

ポイント交換-ポイ活サイト

ポイントを貯めるとAmazonギフト券へ交換できる7つのポイ活サイトまとめ

2021年10月2日

ヨドバシ.comで買う(速達・高ポイント還元)

普段の家電をヨドバシで買う方におすすめです。

3%ポイント還元に送料無料。品揃えが多く、人気の機種は最短2時間30分で届く「ヨドバシエクストリームサービス便」に対応してます。

また、ほとんどの家電が10%ポイント還元なので、普段から家電を買っている人は5,000円分以上のポイントが貯まっていることが多いです。

自分も確認してみると、4,410円分ありました。

ヨドバシゴールドポイント

ヨドバシカメラ-マイページより

ヨドバシでもらえるゴールドポイントは、最後にポイントを獲得した日から2年経つと完全に失効します。心当たりのある方は、切れる前にマイページで確認しておきましょう。

ビックカメラ.comで買う(高ポイント還元)

ビックカメラ.com
普段の家電をビックカメラで買う方におすすめです。

ヨドバシと同じく1P=1円で使えるビックポイントが3%還元で送料無料。こちらも、ほとんどの家電が10%ポイント還元なので、普段から家電を買っていた人は、5,000円分以上のポイントが貯まっている可能性があります。期間が切れる前に使いましょう。

よりお得に買う小技
ビックカメラでApple Watchを買うと通常3%還元ですが、下記のサイトで「ビックカメラ」と検索→何か買うと追加で1%(300円〜500円分)のポイントがもらえます。なるべく活用しましょう。

楽天リーベイツ-ビックカメラ

楽天リーベイツでビックカメラ.comを検索

ビックカメラ-楽天リーベイツ-ポイント還元

楽天リーベイツ-ポイント獲得履歴より

Apple公式サイトで買う(分割払いが可能)

公式サイトで買うメリットは主に3つあります。

1つはカスタマイズが自由な所。型落ちモデル(1つ〜2つ前のモデル)は買えませんが、公式のバンドや本体カラーが自由に選べます。

2つ目は整備済み製品に出品されている可能性がある所。初期不良で戻ってきたApple Watchを修正し、中古品として安く出品しています。在庫は滅多にないですが、1度チェックしておきましょう。

3つ目は、合計3回の分割払いで買えること。金利手数料は無料なので、急な出費を抑えたい方におすすめです。

Apple公式でより安く買う小技
Appleも下記のショッピングモールを経由することで1%のポイント(300円〜500円分)が追加でもらえます。なるべく、ここから買いましょう。

apple-lineショッピング

LINEショッピング Apple公式

中古で買う(-3,000円〜4,000円に)

apple-watch-中古店

中古なら-3,000円〜4,000円で安く買えます。美良品が安い店は下記の通り。

店名 特徴
イオシス 出品数が多く、商品の状態がA〜Cランクに分かれている。未使用品もあり、3ヶ月保証あり。古いモデルを10%高く買取してくれる制度あり
リコレ 本体の写真がしっかり掲載されている。状態もS〜Eにランク付けされており、家電量販店の展示品として使われていたApple Watchなども割安で購入可能
楽天市場 Series5〜6などの型落ちモデルが激安で出品されている
メルカリ 「買ったけど、1ヶ月〜2ヶ月しか使わなかった」という方が安く出品している。初めての利用なら1,000円OFFのクーポンがもらえる可能性大。ただし、出品者の評価はしっかり見ること
ラクマ 上記と同じ。楽天ポイントで支払いが可能
PayPayフリマ 上記と同じ。Pay Pay残高で支払いが可能

迷ったら、とりあえずイオシスが良いでしょう。商品の状態がランクに分かれ、3ヶ月の保証が付いてます。訳あり未使用品のあるリコレも要チェック。楽天ポイントを貯めてる方は、楽天市場も見ておきましょう。

また、フリマサイトも狙い目です。人によっては細かく情報を載せており、未使用品・ほぼ未使用品が-5,000円〜6,000円で買えることが多いです。抵抗ない方は見ておきましょう。

中古品を買う際の注意点

Apple Watchは、iPhoneと同じくバッテリーが経年的に劣化します。購入時のバッテリー容量は100%ですが、充電を重ねる度に90%、80%と徐々に減っていくため、あまり古いモデルを買うと「バッテリー全然持たないんだけど…」となる可能性が高いので要注意。
apple-watch-バッテリー最大容量の劣化

なるべく未使用品か、バッテリーの最大容量を記載している個人から買うのがおすすめです。また、あまり古い型落ちモデル(Series4〜5など)は、中のOSがすぐアップデート出来なくなるので要注意。なるべく選ばないようにしましょう。

詳しくは、「Series3をおすすめできない理由」で解説しています。もし買うなら1つ前のモデル(Series6)までに留めておくのがおすすめ。

充電器やバンドなど、付属品が全て揃っているかも、必ず確認しましょう。

オークションで買う(1,000円OFF)

オークションは、基本的にヤフオクをおすすめです。

出品数が多く、時期によってはPayPayと連携して1,000円OFFのクーポンがもらえます。

本体だけ売る人も多いので、バンドや充電器だけ別に買うという手もとれます。買う際は出品者の評価を必ずチェックしましょう。もちろん、本体だけでなくバンド・充電器が揃っているかも、必ず確認しましょう。

安くなる時期はあるの?

安くなるタイミングは大きく2つあります。

1つ目は、Apple Watchの新モデルが発表・発売される9月〜10月(毎年)。

Apple公式サイトから古いモデルは削除されますが、ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店には、古いモデルが在庫で残り続けています。在庫はなるべく売りさばきたいので、在庫一掃セールとして約10%引き(4,000円〜5,000円引き)で売られることが多いのです。

1月・6月・8月辺りにセールでよく対象になるので、ここをチェックしておきましょう。、詳しくは「ヤマダウェブコムで買う」の項目を参考にどうぞ。

2つ目は、Amazonの各セールです。Amazonブラックフライデー・サイバーマンデーセールなどの大型セールでは、-4,000円〜5,000円引きで買えることが多いです。詳しくは「Amazonで買う」の項目を参考にどうぞ。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元サラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。