分かりやすく厳しい、日本人の年収分布グラフと手取り対応表

グラフ-推移

年々下がっていると言われるサラリーマンの平均年収ですが、これを円グラフで分布化するとどうなるのか?

2018年末に公開された日本人の平均年収は、20代で346万円、30代で452万円となっていましたが、もう少し視覚的に見てみましょう。

貧困・富裕層で二極化している

この投稿をしたのは、Twitterユーザーの@sativa_high氏。国税庁の調査結果(2017年)を反映した物だそうで、中々分かりやすい。

現状は300万〜400万に集中していますが、これは今だけの話…。格差社会は広がり続けているので、中間層はこれからどんどん減っていくでしょう。貧困・富裕層で二極化していきます。

サラリーマンの年収は150万円が当たり前。そんな時代になっていくわけです…

ちなみに各々の手取り額はこんな感じ。

日本だけではありませんが、サラリーマン社会は基本的に年功序列。高給取りの中間世代が独り立ちしない限り、若者達がそのまま汗水垂らしても給料は上がりません。

今までは女性が男性の年収を気にする世界でしたが、これからは夫婦共働きが当たり前の時代になっていきます。そうなると、今度は男性も女性の年収を見るようになるでしょう。

でないと食っていけないからです(子どもを含め)。

男性の年収350万+女性の年収350万=計700万円ならまだいける。ですが、男性と女性の賃金格差がこれを邪魔しているのが現状です。

自分の年収は適正なのか?簡単に調べる方法

転職会議

参照:転職会議より

年収を上げる方法は、主に下記の3つですが…ほとんどの人は2番が妥当でしょう。

  1. すぐに帰って副業する
  2. 給料が高い会社へ転職する
  3. スキルを身につけて独立する

とはいえ、自分の市場価値を知らずに転職すると、逆に年収が下がりかねません。

転職会議あたりを使うと、自分が今いる会社の年収や口コミだけでなく、

同じ業界の別会社はどのくらいの年収で、残業時間で〜、福利厚生はどんなものがあって〜など色々な情報がグラフ付きでまとまっています。

転職会議

参照:転職会議より

詳しい口コミは会員登録しないと見られませんが、転職する際にはとても参考になるので、活用をおすすめします。

なお、会員登録すると、自分におすすめの企業情報がメールで届くこともあります。転職を考える人には良いですが、不要な人は通知をオフにしておきましょう。

今時、副業ができる会社にちゃんと勤めるのも大切です。年収150万が当たり前になった後では遅いので、早めに動きましょう。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。