「頑張る方向が違う」と人生は変わらない。努力の積み重ね方が分からない時の対処法【方向音痴にならないために】

努力-腕まくりする男性

ずーっと頑張ってるのに全然成果が出ない。

こういった悩みを持つ人は多いはず。この記事を書いてる僕は、執筆・映像制作といった仕事で生計を立ててますが、まともに食えるまで3年ほどかかりました。

で、これ徐々にお金が稼げるようになるんじゃなくて、ある日いきなりドカンと来るんですよね。一概には言えないと思いますが、成功したのは「成果を見ながら何度もハンドルを切ったから」だと思ってます。

ちなみに、よく言う「無駄な努力なんてない」というのは、完全に嘘なので要注意です。というわけで、本当に正しい努力の積み重ね方を解説しましょう。

「この世に無駄な努力はない!」は嘘

よく「この世に無駄な努力はない!」という人がいます。スポ根ドラマやアニメでもありがちですが、残念ながら無駄な努力は普通にあります。

大切なのは努力の方向性です。

自分の勘だけに頼ってはいけない

ダイエットを例にしましょう。科学的に正しいダイエット法を下調べしてから継続すると、効率の良い食生活やトレーニングメニューが分かってるので、みるみる体脂肪率は落ちて理想的な体に近づいていきます。普通にやればね。

一方で、ダイエットに無知な人が自分の勘だけを頼りに始めると、実は全然効果がない偏った食生活をし始めたり、楽に痩せることばかり考えて謎の商品に手を出したりと、わけの分からない方向にどんどん向かっていきます。

このように自分のあて勘に頼った計画性のない努力は、無駄な努力なことが多いのです。

小説やラノベといった文章を書く仕事もそうでしょう。今ウケているジャンル。需要があるテーマ。人を惹きつける面白い書き方を調べないまま書きまくっても、一切売れずに終わるだけです。

つまり、努力の方向性を間違ったまま、ド直球に攻めてはいけない。ということです。

下調べが「努力」を何倍にも加速させる

間違った努力をしないために、おすすめなのが「下調べ」です。その業界で今、成功してる人。トップに立ってる人が何をどうしてるのか?事前に下調べするのです。で、まずパクってみる

日本人は真面目な人が多いので「パクる=悪」と捉えてしまいがちですが、「上手い人を真似するスキル」は、この世界で超大事です。

絵が上手くなりたいなら、上手い人がどうやって書いてるかパクる。ギターが上手く弾きたいなら、動画を見てどうやって練習してるかパクる!

もう既にある程度の位置まで成功してる人がいるなら、その人の真似をして無駄な部分はショートカット!オリジナリティを出すのは、少しずつで良いのです。

この下調べも含めて「努力」なわけです。

努力の方向性は「分からなくて当たり前」

努力の方向性が最初から分かる人なんて100%いません。皆、最初は失敗してるのです。見えてないだけ。大切なのは、様子を見て少しずつ方向転換すること。

ビジネスでいうPDCAサイクルですね。サラリーマンなら一度は聞いたことがあるでしょう。

まず、これで成功するだろう。という仮説(Plan)を立てて→行動(Do)する。そして結果(Check)を見て→ダメなところを何度も改善(Action)するのです。

時には、一気に方向転換するのもアリですが、これはテーマによりけり。努力は、結果が出るまでに時間がかかるものがほとんどです。逆にちょっと頑張ったくらいで成果が出るものは、他の人もすぐに追いついてくるということ。

まとめると、まず下調べする→パクってみる→徐々に自分の得意な方向にオリジナル化していく→結果をみる→ダメなところを改善していく→結果を見る→改善。この繰り返しです。「細かくハンドルを切りながら、無理をしない長期戦をする」のがおすすめですね。