Nintendo Switchを売る時にすべき3つのこと|初期化の方法〜セーブデータの管理などを解説

Nintendo Switchを売る前にすること

「Nintendo Switchを売りたいけど、このまま売って良いのかな…」

こういう方は今多いと思います。

スイッチ本体には、ニンテンドーアカウントの情報やソフトのセーブデータが残っているため、そのまま売ってはいけません。売る前にすべき作業があります。

それが下記の3つ

  1. 乗り換えるなら、セーブデータのバックアップ(保存)・引っ越し作業を
  2. 本体の初期化(全データの削除)
  3. ゲームカード・MicroSDカードの抜き取り

このページでは、スイッチを売る際に必ずすべきことを詳しく解説します。

1.セーブデータのバックアップをとろう(引っ越す場合)

通常のNintendo SwitchとSwitchライト

もし新しいスイッチで遊ぶなら、セーブデータのバックアップ(保存)・引っ越し作業をしましょう。なければ、初期化に進んでOK。

引っ越す際は、こちらを参考にどうぞ。

別の本体が手元にある場合

Nintendo_Switch-ライト-十字キー

ゲームのセーブデータは、ソフトではなく、スイッチ本体の内蔵メモリーに保存されています。もし、別のスイッチ本体が手元にある場合は、「設定」から簡単に移すことができるので活用しましょう。

データ管理」から「セーブデータの引っ越し」を選べばOK。受け取る側のスイッチでも同じニンテンドーアカウントでログインしておき、送る側は「ほかの本体へ送る」、受け取る側は「受け取る」を選ぶと移行できます。Nintendo Switch-データの引っ越し詳しくは、公式ページを参考にどうぞ。

バックアップ(保存)だけしたい場合

有料プランのNintendo Switch Onlineに加入していると、「セーブデータお預かり」サービスによって、自動でニンテンドーアカウントにセーブデータが保存されています。

確認する時は、「設定」→「データ管理」→「セーブデータお預かり」を選べばOK。Nintendo_Switch-セーブデータお預かり下記のようにバックアップデータが確認できます。
Nintendo_Switch-セーブデータお預かり

解約した場合のデータ保存期間は180日
Nintendo Switch Onlineを解約していた場合、セーブデータの保存期間は180日です。それ以降は再加入しても復元できないので、気をつけましょう。
お預かりサービスでバックアップが出来ている場合は、新しいスイッチでも同じニンテンドーアカウントでログインすればOK。データを復元できます。

SDカードにセーブデータは保存できないので注意


SDカードにセーブデータを移して残せるんじゃ…と思いそうですが、これはできません。SDカードに保存出来るのは、ダウンロード版のゲームソフトや追加コンテンツ・更新データのみ(ニンテンドーアカウントで管理・保存されているため、特にバックアップは不要)。

ゲームの内容が保存されたセーブデータは、スイッチの本体メモリーもしくは「セーブデータお預かり」サービスにのみ保存されるので気をつけてください。

2.本体を初期化しよう(全データの削除)

最も大切なのが、この初期化です。そのまま売ると、クレジットカードの情報や本名など、大切な個人情報が漏れる可能性があります。

買取してもらう時は必須なので、必ずしましょう。

初期化の手順は、下記の通り。「設定」→「本体」→「初期化」と進み…Nintendo_Switch-初期化本体の初期化」を選びます。
Nintendo_Switch-初期化

これによって、そのスイッチは工場出荷時に戻ります。中に保存されたセーブデータはもちろん、画面のキャプチャ写真や動画も全て消えるので、必要であればSDカードに移しておきましょう。

SDカードに移す時は「データ管理」→「画面写真と動画の管理」→「本体内蔵メモリー」から出来ます。

SDカードの初期化も可能

ちなみに、本体の初期化メニューの上にある「SDカードのフォーマット(初期化)」を選ぶと、SDカードのデータも全て消去できます。Nintendo_Switch-SDカードの初期化

3.ゲームカード・MicroSDカードを取ろう

Nintendo Switch-ゲームカード-ソフトの挿入口ソフトやMicroSDカードが入っていないか確認しましょう。宅配買取で申し込んだ場合は、連絡が入り返品してもらえますが、オークションやフリマ等で売った場合は返ってこない可能性が高いです。

ゲームカード(ソフト)を売る時は、何もしなくてOK


繰り返しですが、ゲームのセーブデータは全てスイッチの本体メモリーに保存されています。ソフトには何のデータも保存されていないため、そのまま売って問題ありません。

なるべく高く売る方法|おすすめの店

メルカリ・ヤフオクなどのフリマで売るのもあり(実際に私はその予定)ですが、梱包用の段ボールを買って、写真を綺麗に撮って…というのが面倒な人もいるはず。場合によっては、下記のように疲れてしまうこともあります。

1番楽なのは宅配買取です。梱包用の段ボールが無料で届くので入れる→買取側が受け取りに来る→査定してもらう→納得する価格であれば売却という流れです。

1番おすすめなのは、ゲオ宅配買取(持っていくのもアリ)。ここは「カートに入れる」というボタンを押すと、最低買取価格最高買取価格の両方が見られるので安心です。

査定も早く、価格も良心的。

なお、他におすすめなのは、下記の通り。

基本的に聞いたことのない店で売るのは、おすすめしません。Web上で公開している買取価格とは、かけ離れた査定価格を提案してくることが多いからです。基本は、上記のような店で売ることをおすすめします。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元サラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。