車の初心者マークはマグネット・吸盤どっちがおすすめ?注意点も解説

初心者マーク-吸盤タイプ

普通自動車免許を取ると、1年間は車の前後に付けなければならない「初心者マーク」ですが、この初心者マークにはマグネットタイプと吸盤タイプというものがあります。

Amazon楽天で安いですね。

これは一体どちらが良いのか。結論から言うと、前後に1枚ずつ両方使うのがおすすめです。吸盤タイプのみ貼ると法令違反になるので気をつけてください。購入の参考にどうぞ。

事前注意:吸盤タイプは後ろにのみ使える

事前注意として、吸盤タイプは前のフロントガラスに貼り付けてはいけません。死角になりますし、法令違反になります。


こちらは初心者マークの表示位置に関する実際の法令内容です。

車体の前面と後面の両方に、地上0.4メートル以上1.2メートル以下の見やすい位置
(道路運送車両の保安基準の規定により、前面ガラスに取り付けることはできない

警視庁

免許取得後の1年間は車の前後に1枚ずつ貼るのがルールですが、吸盤タイプを前後に1枚ずつに…ということは出来ないので覚えておきましょう。

マグネットタイプの特徴(前後に利用可能)

車の初心者マーク-マグネットタイプマグネットタイプは車の前後・外側に貼り付けるように使います。前はフロントやボンネット。後ろならバックドアやリアガラス(後ろの窓)部分に貼り付けるのが一般的ですね。

必ず視界の死角にならない所に貼りましょう。

メリット

メリットはとにかく目立つこと

初心者マーク-マグネットタイプ

車の外側に貼るので周囲が察知しやすいと言えます。

デメリットは?

初心者マーク-マグネットタイプ

マグネット製品の注意書きにありますが、車体へずっと貼ったままにしておくと、このような事に繋がります。

  • 強く張り付いて取れなくなることがある
  • 車体のボディが色褪せることがある
  • サビや白化(色ぼけ)の原因になるなど

なので「車から降りる際は必ず取り外してください」という注意書きが記載されてます。これを前後両方やるのは面倒なので、後ろは次の吸盤タイプにするのがおすすめ。

吸盤タイプの特徴(後ろにのみ表示可能)

初心者マーク-吸盤タイプ

先ほども伝えましたが、吸盤タイプは後ろ専用です。前(フロントガラス)に貼ると法令違反になるのでご注意を。

メリット

吸盤タイプのメリットは車内に貼れる所。雨ざらしになりませんし、安物を買い、高速で剥がれて吹っ飛ぶ…という心配もありません。乗り降りでいちいち剥がす必要もないので楽です。

デメリットは?

貼り付け場所によっては、窓ガラスに少し死角が生まれます。見る機会はほとんどないと思いますが、車体の右後ろ部分に貼れば問題ないでしょう。

まとめ

フロントにはマグネットタイプを貼り、サビや色褪せを防ぐなら乗り降りの度に剥がす。そして、後ろは1年間、吸盤タイプを付けておく。個人的にはこれが良いかと思います。参考になれば幸いです。

コメントする

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。