買うならここがベスト|家電を安く買う方法とおすすめ店を解説|まとめ買い・値引き交渉についても

家電のまとめ買い

新居への引っ越し初めての1人暮らしですぐ必要になるのが家電です。新生活は色々お金がかかるので、なるべく安く済ませたい所。

特に、冷蔵庫や洗濯機などの家電は値段が高いので、下手に買うと損します

家電一式は最安値で買うと+ 2万円〜3万円の節約になるので要チェック。

Amazon楽天市場などの安い店でまとめ買いするのが基本ですが、人によっておすすめの店は変わります。

本記事では、家電を安く買う方法から、おすすめの店まで徹底解説します。

安いショップや家電量販店の値引きについても解説するので、参考にどうぞ。

家電量販店とネット通販は、どっちで買うべき?

ネットで買ったテレビ

どちらにも良い所があります。しかし、基本的に安いのはネットです。

ネット通販は店舗と違い、働く従業員が少ないです。店員さんへ細かい相談はできませんが、人件費が少ない分安く買えます。

また、購入者のレビューも見られるので失敗しにくく、ボタン1つで買えて楽です。総合的にはネット通販がおすすめですが、店舗にも良い所はあります

家電量販店

実物が見れますし、店によっては、店員さんと値引き交渉ができます。

どっちで買おう…と悩む方は、こちらを参考にどうぞ。

ネット通販で買うメリット・デメリット

家電-ネットで買う

ネット通販のメリット・デメリットは下記の通り。問題なければ、ネットで買ってOK。

ネットで買うメリット
  • 複数の店で価格が比較できる(最安値で買える)
  • 選べる品が店舗よりも多い
  • 人件費が少ないので、基本的に安い
  • 移動費がかからない(電車・車など)
  • 時期によっては、ネット限定のセールやクーポンがある
  • 使用者の感想が見られる(Amazon等では写真付き)
  • 少し前と違い、設置・工事・リサイクル回収等のオプションが整っている

デメリットは、やはり実物が見られないことです。サイズを測ったり、操作をした方が良いこともあるので、これは店舗に出向いた方が安全です。

最終的にネットで買うにしても、1度見にいくのはありでしょう。

家電量販店で買うメリット・デメリット

家電量販店

店舗のメリット・デメリットは下記の通り。買う前に把握しておきましょう。

  • 実物が見られる(見た目・サイズ感・操作性など)
  • 店員さんに機種の選び方や配送日程などが相談できる
  • 地域・店舗によっては、値引き交渉ができる

デメリットは、ネットよりも高くなる可能性が高いこと。また、移動費がかかったり、ネットよりも商品が少ないことも忘れてはいけません。

とはいえ、実物が見られるのは店舗だけ。そして店舗では、下記のような値下げ交渉の余地があるので要チェックです。

家電量販店での値引き交渉|方法・目安など

電卓・計算

労力に見合わないので、個人的におすすめしませんが、「家電量販店へ商品を見にいって、そのまま買いたい」、「ネットよりも、さらに安く買える可能性があるなら試したい…」という人にはおすすめです。

家電量販店では、下記のように値引き交渉で総額3万円以上も安くなることがあります。-10%が値引き限度の目安です(5万円の冷蔵庫なら→5,000円引き)。

どこの店でもやることは変わりません。基本的な方法は下記の通りです。

1.事前に必要な家電をリストアップしよう

必要な家電のリストまずは、必要な家電をリストアップしましょう。

新生活に必要な物として代表的なものは、こんな感じですね。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 掃除機
  • 他トースター・ドライヤーなど

2.ネットの最安値を知ろう

家電の最安値の検索必要な家電がわかったら、欲しいメーカーや型番を決め、ネットの最安値を調べましょう。

基本的には下記のサイトが便利です。店のカゴ機能やスマホのスクリーンショット・メモなどを活用するのがおすすめ。

3.後は店員さんに相談するのみ

電卓

後は店員さんに相談するのみです。

単品の場合は、「これ、ネットの最安値が〜円なのですが、今買うので〜円で売ってくれませんか?」と伝えるのがおすすめ。いくらになりますか?というのはNGです。それは交渉ではなく、ただの質問なので、値引きは期待できません。

また、まとめ買いの場合は、「ネットで総額を計算したら〜円だったのですが、今まとめ買いするので2、3万円引いてもらえませんか?」と伝えるのが基本です。

値段が大きい分、逃すと店側も大きな打撃なので「今買う」ということ、「まとめ買い」することを伝えると効果的です。

4.なるべくメーカー説明員ではなく、家電量販店の社員さんに声をかけよう

家電販売員-交渉

参照:産経ニュースより

店によりますが、家電量販店にはメーカーのロゴをつけている「メーカー説明員」と家電量販店で通常通りに勤務する社員さんの2種類の人がいます。

交渉では家電量販店の社員さんに声をかけましょう。メーカーのロゴ入り制服を着ている方は、そのほとんどが派遣社員さんです。値下げの権限はないので要注意。

5.セールの時期に行こう

ヤマダ電機の決算セール家電量販店には、下記のようなセールがあります。なるべくこの時期にいきましょう。売り上げを伸ばしたいので、交渉に応じてくれる確率が上がります。

セール内容
1月初売りセール
2月冬の決算セール
3月
4月特になし
5月
6月
7月夏の決算セール・ボーナスセール
8月夏の決算セール
9月決算セール
10月特になし
11月
12月年末セール・ボーナスセール

6.雨の日に買いに行こう

雨雨の日は客足が鈍くなるため、店の売り上げが下がります。ネット(他店)で買われるよりも、値下げして買ってもらった方がありがたい店舗は多いので、雨の日を狙っていくのもおすすめです。

7.土日・祝日に買いに行こう

カレンダー・日程平日に比べて土日・祝日は売り上げノルマが高いです。値下げ交渉に向いているので、ここも狙い目です。

8.対応できない店もあるので要注意

当然ですが、値下げに対応しない店もあります。その際はしつこく注文せず、別の店やネット購入を検討しましょう。

おすすめの店を解説

では、おすすめの店をいくつか解説します。店舗を持つ店も合わせて紹介するので、参考にどうぞ。

Amazonで買う

Amazon
Amazonはとにかく安いです。一人暮らしでも、家族の引越しでも、迷ったらここで買ってOK。

2,000円以上の買い物で送料は無料。タイムセールで安くなることも多く、私はAmazonプライデーに相場から-2万円になっていたシャープのTVを買いました。

Amazonで買ったテレビ
また、Amazonアウトレット(家電)というページも要チェック。

「倉庫内で箱に傷がついてしまった」等の訳あり商品が中古品が安く出品されてます。

Amazonで安く買うコツ
こちらの記事では、Amazonで安く買う方法をまとめて紹介しています。参考にどうぞ。
Amazon

Amazonで安く買う10の方法|お得な買い方から最適な支払い方法まで全て解説

2021年10月10日

ヤマダウェブコムで買う

ヤマダウェブコム-カテゴリ
業界最大手のヤマダには「ヤマダウェブコム」という公式オンラインショップがあり、ここも安いです。

店舗と同じように1%〜10%のポイントが付与され、商品によっては4年〜6年の無料長期保証付き。普段からヤマダで買ってる人は5千〜1万円分〜のポイントが貯まっている可能性もあるので1度確認しておきましょう。

また、PCブラウザ版のヤマダウェブコムには、「価格交渉チャット」という24時間対応サービスがあり、下記が運営する通販サイトより高い商品があった場合、そのページのURLと値段を送って「ここより安くなりませんか?同じになりませんか?」と値段の交渉ができます。

  • ビックカメラ
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • コジマ
  • ケーズデンキ
  • エディオン

ちなみに、ヤマダ系列の店舗で見る際はネットでの価格を掲示するのがお勧めです

楽天で買う

楽天ポイント
楽天の凄い所はポイント還元量です。楽天サービスの使用状況によって最大15倍も還元されるため、実質最安値になる可能性が高いです。

限定クーポン楽天スーパーセールなどのイベントも多く、普段から楽天を使ってる人はここでOK。

また、楽天スーパーDEAL(家電)というページでは、期間限定で20%〜50%のポイント還元になった商品が集まっているので、1度見ておくのがおすすめです。

楽天ポイントを貯めよう
こちらの記事では、楽天ポイントの貯め方を解説しています。貯めるほど安く買えるので、参考にどうぞ。
楽天ポイントの貯め方

楽天ポイントを賢く貯める23の方法を解説|ちょっとした裏ワザな貯め方も

2021年6月18日

激安家電のタンタンショップで買う

タンタンショップ

タンタンショップ公式
知名度はまだ低いですが、激安家電のタンタンショップはかなり安いです。

送料無料で、ほとんどの製品が最安値。設置オプションや保証サービスもあるので、ここで買うのもかなりおすすめです。

アイリスオーヤマの公式ショップで買う

アイリスオーヤマの公式オンラインショップです。アイリス製品は必要最低限の機能をつけてシンプルに作っている分、値段が安く、コスパが良いです。デザインもシンプルなので、気に入る人は多いはず。ポイントは1%還元。5,000円以上の買い物で送料が無料になります。

また、新規会員登録すると300円OFFクーポンがもらえるので要チェック。

ヨドバシ.comで買う

ヨドバシ.com
普段からヨドバシカメラで買ってる人におすすめです。

1P=1円として使えるヨドバシゴールドポイントが貯まり、ほとんどの家電がポイント10%還元です。何か買ったことがある人は5千〜1万ほどのポイントが平気で貯まっているので要チェック。在庫が多く、配送も早いので、急な引っ越しや一人暮らしでも対応できると思います。

店舗で買う時はヨドバシ.comの値段を見せてみよう
ヨドバシカメラヨドバシカメラの店舗で買う時は、必ずヨドバシ.comの値段と違いがないかチェックするようにしましょう。ネットと同じ価格になりませんか?と交渉すると、揃えてくれる可能性が高いです。

ビックカメラ.comで買う

ビックカメラ.com
普段からビックカメラで買う人におすすめです。

ヨドバシと同じく、ほとんどの家電がポイント10%還元です。普段からココで買う人は5千〜1万円分以上のポイントを持っている可能性があるので要チェック。期限が切れる前に使いましょう(獲得から2年)。2,000円以上の買い物で送料は無料。商品の品揃えも多く、ネット通販限定のセールも多いです。

より多くのポイントをもらう方法
ビックカメラ.comは、下記のサイトを経由すると、対象のポイントが追加でもらえます。貯めてる人は活用しましょう。

楽天リーベイツ-ビックカメラ

楽天リーベイツでビックカメラ.comを検索

ビックカメラ-楽天リーベイツ-ポイント還元

楽天リーベイツ-ポイント獲得履歴より

他にも保証期間が長いケーズ電機Joshin Webを普段から使ってる人は、こちらも見ておきましょう。

安い時期はある?

家電量販店やネット通販では、基本的には下記のタイミングでセールが開かれます。型落ちモデル(少し古いモデル)を中心に安くなっているので、これも覚えておきましょう。

セール内容
1月初売りセール
2月冬の決算セール
3月
4月特になし
5月
6月
7月夏の決算セール・ボーナスセール
8月夏の決算セール
9月決算セール
10月特になし
11月
12月年末セール・ボーナスセール

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。