Amazonで安く買う10の方法|お得な買い方から最適な支払い方法まで全て解説

Amazon

基本的に安いAmazonですが、より安く買う方法が10コあります。

人によっては、年間で10,000円〜20,000円の節約になるので是非、活用して欲しいところ。

送料を無料にしたり、半額や最安値のタイミングで買ったりと色んな小ワザがあるので、参考にどうぞ。

1.Amazonクーポンを受け取るようにしよう

amazon-クーポンAmazonには、もらうだけで割引されるAmazonクーポンというものが配られています

使い方は簡単で、Amazonクーポンのページから、ただ受け取るのみでOK

対象商品を買った時に自動で割引されます。商品ごとに有効期限があるので、切れる前に使いましょう。

商品によっては、半額にもなります

amazon-半額クーポンの適用

クーポン適用後

2.プライム会員の無料体験で送料を無料にしてしまう

Amazonプライム-30日間無料体験

Amazonプライム

Amazonは、2,000円以下の買い物に410円〜450円(税込)の送料がかかります。

ちょっとした買い物の時に厄介ですが、月額500円の有料サービス「Amazonプライム会員」に入ると、Amazonが配送する商品の送料は全て無料になります。

そして、この特典は30日の無料体験中でも利用可能。なので、体験加入→商品を注文→不要なら退会して問題ありません。
Amazonプライム(公式)

なお、プライム会員は映画やドラマ・アニメが見放題になるプライムビデオや、商品がすぐに届くお急ぎ便やお届け日時指定便も無料で使い放題になります。もう6年以上使ってますが、かなりおすすめです。

3.Amazonギフト券にチャージして支払いに使おう

Amazonギフト券のチャージでキャッシュバックAmazonでの支払いは、なるべくAmazonギフト券・チャージタイプというものにお金をチャージして、その残高で支払うようにしましょう。

Amazonギフト券残高

ギフト券残高

これに現金をチャージするとポイントが付与されるからです(1P=1円で利用可能)

アマゾンギフト券のチャージでもらったポイント-履歴

チャージだけでポイントがもらえる

SuicaやnanacoのAmazon版と思えばOK。これをせずに、コンビニや代引きで払う人は損してるので要注意です。

何か買う時は、最後の支払い方法選択で「Amazonギフト券残高」を選べばOK。

ギフト券残高で支払う

ギフト券で支払い

4.生活必需品は定期おトク便で買う

Amazon-定期おトク便

割引対象の品

洗剤やお茶・お酒などを1ヶ月に1回や2週間に1回と自分の決めたペースで自動的に届けてくれるのが定期おトク便です。

いちいち注文する手間が省ける上に、5%〜15%OFFで買えます

プライム会員は、定期おとく便で赤ちゃん用品が安い

Amazon 定期おトク便より

赤ちゃんのおむつや歯磨き粉・シャンプーなどの生活必需品は、これで買うのがおすすめ。

「何回も頼まなくちゃいけないのか…」と思いがちですが、実は、1回の注文でもOK。割引が適用されます。

商品が届いたら、次回の分をキャンセルしましょう(キャンセル方法)。それで料金はかかりません。
定期おトク便(公式)

5.Amazonアウトレットで買う

Amazonアウトレット

Amazonアウトレットより

訳あり品が2割〜3割引で買えるのがAmazonアウトレットです。

Amazon内の倉庫で箱に傷がついてしまった品や賞味期限が近づいてきている食料品などが中古として出品されており、安く買えます。


ただし、消費者から返品されている商品も出ているので要注意。カート画面で商品の状態が見えるので、よく確認してから買いましょう

Amazonアウトレット(公式)

6.大型セールで買う

amazon-プライムデー

Amazonプライムデーより

Amazonには、あらゆるカテゴリの商品が安くなる大型のセールがあります。日程は下記の通り。

2021年の大型セール日程
セール名 開催日
プライムデー 6月21日(月)〜6月22日(火)
ブラックフライデー 11月26日(金)〜11月28日(日)
サイバーマンデー 12月10日(金)~12月13日(月)
初売りセール 翌年1月2日(土)〜1月5日(火)
タイムセール祭り 月に1〜2回(不定期)

例えば、私は他店で8万円弱していたシャープのTVがプライムデーで6万円台まで落ちていたので即買いました。

amazon-プライムデー

プレイムデーで約2万円引きになったTV

プライムデーで買ったテレビ
すぐに買う必要のないものは、下記で紹介する「ほしいものリスト」に入れておき、こういった大型セールが買うのがおすすめです。

7.ほしいものリストを作り、安くなった時に通知を受け取る

ほしいものリスト

ほしいものリスト

買う予定の品を事前にほしいものリストというものに入れておくと、その商品がタイムセールで安くなった時に通知が受け取れます。

また、リストに入れておくだけでのように値下げ率も教えてくれるので便利。

ほしい物リストは値下げ率を教えてくれる

Amazonより

リストはこちらから作れます。
ほしい物リストの作成

通知を受け取りたい人は公式アプリを入れればOK。

Amazonショッピングアプリ

Amazonアカウントでログインしておけば、タイムセールの通知が来ます。詳しくは、こちらを参考にどうぞ。

8.本当に今が買い時か?過去1年間の価格推移を見てから買う

keepa

©︎ Keepa

Amazonの商品は安い時もあれば、高い時もあります。とはいえ、今は安いのか?その商品を毎日チェックしないと分かりません。

そんな価格変動を数字とグラフで教えてくれるのがKeepa(キーパ)というサイトです。過去1年間の値動きが見られるので、今買うべきか判断できます。

keepa-Chrome

Amazon-Keepa拡張機能より

PC・スマホの両方に対応しているので、使う時はこちらを参考にどうぞ。

Keepa(公式)

9.ポイント還元率の高いクレジットカードで買う

jcb-card-w先ほど解説したAmazonギフト券のチャージが面倒な方は、ポイント還元率の高いクレジットカードで払うのがおすすめです。買い物をする度に細かくポイントが貯まります。

おすすめのカードはこちら

  • JCB Card W:Amazonの支払いにも使えるOki Dokiポイントが貯まる(100円の支払いにつき1.4円分のポイント※)。
  • 楽天カード:楽天でも買う人におすすめ(100円の支払いにつき1ポイント付与)
  • Amazonマスターカードクラシック:通常会員で100円の支払いにつき1.5ポイント・プライム会員で2ポイント還元。

3つ目のAmazon公式カードは、不正利用が数多く報告されているため、注意喚起として載せました。還元率は高いですが、現状おすすめしません。私はJCB Card W楽天カードを使い分けてます。

※ Amazonで買い物をした際の最大還元率です。外の支払いでは、0.6%〜1.0%ほどの還元率です。

10.ポイントを貯めて買う

ポイントタウン

ポイントタウンより

ポイントタウンハピタスなどのポイントサイトでは、ゲームや無料体験で現金と同価値のポイントが貯まり、後でAmazonの支払いに使える「Amazonギフト券」に等価交換できます。

ポイント交換-ポイ活サイト

©︎ポイントタウン – ポイント交換先

どのサイトもAmazonギフト券への還元率は高く、現金に変えるよりもおすすめ。こちらの記事では、Amazonギフト券への交換に対応しているサイトをまとめているので、参考にどうぞ。

まとめ|Amazonにこだわらないようにしよう

Amazonは確かに安いですが、物によっては楽天Yahoo!ショッピングの方が安いこともあります。よく比較して安い方で買いましょう。ではまた。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元上場企業のサラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。