Amazonでもらえるクーポンの使い方|探し方・使えない時の原因を解説

amazon-クーポン

Amazonでは、20%OFF500円OFFになるクーポンが公式サイトで色々と入手できます。

特に消耗品はお得なので、本記事では使い方から探し方まで一通り解説します。使えない時の対処法も解説するので、参考にどうぞ。

Amazonクーポンとは?

半額クーポン|参照:AmazonよりAmazon-50%OFF

Amazonの決済時に本来の値段から割引してくれるサービス券のことです。

誰もが飲むお茶やスポーツドリンクなどの飲料系をはじめ、

毎日使う歯磨き粉や赤ちゃんの必需品であるオムツなども10%〜50%0FFで買えたり、500円〜1,000円OFFになったりします。

クーポンの種類は2つある

クーポンの種類は、大きく分けて下記の2種類があります。

いつでも配布している割引クーポン

最も使われているのが、このいつでも配布している割引クーポンです。時期によってもらえるクーポンは変わりますが、
人気のクーポン|参照:AmazonよりAmazon-人気のクーポン

使うときは「クーポンをもらう」を押すだけでOK

Amazon-クーポン
1度押せば、それだけで該当商品の決済時に割り引かれます。特定のコードを入力したりする必要はありません。

今使えるクーポンはAmazonクーポンという公式ページにまとめられてます。

そして、クーポンにはもう一つの種類があります。

特定のキャンペーンでもらえる割引クーポンコード

amazon-1000円OFFクーポン期間限定のキャンペーンでもらえるクーポンです。

キャンペーン期間中に一定の条件をクリアすると、500円〜1,000円OFFのクーポンコードがもらえます。

過去のキャンペーン例
  • 対象のAmazonギフト券を購入すると500円クーポンプレゼント
  • Amazonプライムデーの開始前に1,000円以上の買い物をしておくと、1,000円分のクーポンをプレゼント

このようなキャンペーンは、条件をクリアすると自分のメールアドレスに下記のような英数字の「クーポンコード」が届きます。

クーポンコードの例:「GIFT-SMPL12-XXXYYY」

使う時は、Amazonの決済画面にある「ギフト券、種類別商品券、またはプロモーションコード」の欄にコードを入力し、適用すればOK。

amazon-クーポンコード

受け取っただけでは適用されないので気をつけましょう。

クーポンの探し方・検索方法

次に、クーポンの探し方を解説します。

なお、半額やカテゴリーごとのクーポンは、こちらの記事にまとめているので参考にどうぞ。

Amazon-クーポンコード

Amazonの割引クーポン・プロモーションコード|カテゴリ別まとめ【2021年】

2021年9月6日

基本は、Amazonのクーポン配布ページから開こう

スマホのブラウザ版では、Amazon内からクーポンページに飛べません。なので、こちらのリンクか、
Amazonのクーポン|参照:AmazonよりAmazon-人気のクーポン

ネットで「Amazon クーポン」と検索しましょう。
Amazon クーポンと検索する

アプリでは「お得な情報や貯蓄」から

Amazonショッピングアプリからは、右下のメニューにある「お得な情報や貯蓄」→「Amazoクーポン」で開けます。

Amazonクーポンをスマホアプリで開く
Amazonショッピングアプリ

PC版は、上のメニューから

AmazonクーポンをPCで開く

パソコンでは、上のメニューバーにクーポンがあるので、ここから。

表示されない場合は、右上の自分のアカウント名→アカウントサービス→その他の支払い方法にある「クーポン」をクリックしましょう。

商品ページでの受け取りも可能

いつでも配布しているクーポンは、該当商品のページでも受け取れます
amazon-クーポンの確認チェックマークが入っていない=受け取れていない状態なので、クリック・タップしてチェックマークを入れましょう。それで受け取ったことになり、決済時に自動で安くなります。

商品名での検索は、基本不可能

上記の方法でAmazonクーポンのページに入ると、カテゴリ一覧が表示されるので、ここから欲しいものを探します。

amazon-クーポンのカテゴリー

検索欄に「クーポン」と入れたり、「クーポン  商品名」と入れても、基本は絞り込めないので要注意。

こちらの記事では、半額クーポンやベビー用品など種類別にまとめています。

Amazon-クーポンコード

Amazonの割引クーポン・プロモーションコード|カテゴリ別まとめ【2021年】

2021年9月6日

半額クーポン|参照:AmazonよりAmazon-50%OFF

支払い画面での使い方

決済画面での使い方をおさらいします。

いつでも配布しているクーポンの場合

先ほど伝えた通り、下記のような、いつでも配布されているクーポンは、受け取るだけでOK。

Amazon-クーポン

商品ページでも受け取れますが、チェックが入っているか必ず確認しましょう。

amazon-クーポンの確認

このチェックが入っているだけで、決済時に表示価格からさらに割引してもらえます価格は最後の注文画面まで変わりません。
amazon-半額クーポンの適用

特別キャンペーンのクーポン(500円〜1,000円OFF)は、決済画面でコードを入力する

先ほども伝えましたが、特別なキャンペーンでもらった500円〜1,000円OFFなどのクーポンは、自分のメールアドレスに下記のようなコードが届いてます。

クーポンコードの例:「GIFT-SMPL12-XXXYYY」

使う際はAmazonの決済画面にある「ギフト券、種類別商品券、またはプロモーションコード」の欄にコードを入れて、適用を押しましょう。割引されます。

amazon-クーポンコード

使えない・適用されない時の原因|一覧

なぜかクーポンが使えない人は、下記の項目をよく確認しましょう。

クーポンの使用期限が切れている

各クーポンには使用期限があり、日付が過ぎると使えません。いつでも配布されているクーポンの有効期限は、自分が持っているクーポンのページで確認できます。

確認したい時は、こちらを参考にどうぞ。

また、期間限定の特別キャンペーンでもらった500円〜1,000円OFFのようなクーポンコードの期限は、受け取ったメールや該当のキャンペーンページに記載されてます。よって、メールやキャンペーンページの詳細をよく確認しましょう。

使用条件を満たしていない

期間限定のキャンペーンでもらえるクーポンコードには、キャンペーン毎に下記のような条件が設定されてます。

「ご注文金額が1000円以上のご注文にのみ適用可能」

「初めてAmazon.co.jpでご注文される方のみ」

「お一人様1回限り」

満たしてない場合は使えないので、今一度メールや自分が参加したキャンペーンのページを確認しましょう。

販売元がAmazon以外だと使えない

これも条件の1つになっていることがほどんどです。

Amazonには、Amazon以外が販売しているマーケットプレイス品というものがあります

Amazon-マーケットプレイス商品

Amazonより

出荷元がAmazonになっていても、上記のような商品はAmazonが販売している商品ではないため、条件に含まれている場合はクーポンコードが適用できません。「販売元がAmazonになっている商品」に使ってみましょう。

他にも下記のような商品には、クーポンコードが基本的に使えません。気をつけてください。

  • Amazonギフト券
  • Amazonプライムなどの会員登録費用
  • プライムビデオなどのデジタル商品
  • Amazon Fresh・ライフなどの一部商品
コメントする

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。