Amazonで使える便利な10の検索コマンドまとめ

Amazon検索コマンド

今回は、Amazonで使える少し便利な検索コマンドを紹介します。

価格順に並び替えたり、割引率で絞り込めるので使い所があるかもしれません。

こちらは一覧表ですが、本文ではコピーボタンも用意しています。ご活用ください。
Amazonの検索コマンド一覧

Amazon

Amazonで安く買う10の方法|お得な買い方から最適な支払い方法まで全て解説

2021年10月10日

検索コマンドの使い方

amazon-1000円以下で検索
Amazonの検索結果ページでは、特定の英数字をURLの最後に追加して、商品を人気順に並び替えたり、価格で絞り込めます。

実際の方法はこちらで解説していますが、例えば…

セール-検索

Amazonで50%OFF・90%OFFなど、割引率で絞り込み検索する方法

2021年6月3日

Amazonで「水」と検索すると…

amazon-水-検索
1,976円や1,845円の商品が出てきますが…
amazon-1000円以下で検索
画面上のURLを選んで最後に…例えば「&high-price=1000」と追加して再検索すると…
amazon-何円以下で絞り込み
このように1,000円以下の水に絞り込めます。

注意点:適用できない商品もある

Amazon-スポンサー
検索結果のはじめに出てくるスポンサーやAmazonのおすすめ商品・ベストセラー商品には適用できません。

また、あくまでWeb版の検索結果画面で使える機能なので、アプリ版では使えず、何も検索していないカテゴリーページやKindleストアのトップページでも使えないのでご注意を。

まずは何かを検索し、そのURLの最後に追加して使えます。

絞り込みコマンド

まずは、一定の値段・割引率などで絞り込むコマンドです。コピーできるので活用ください。

実際に「水」の検索画面で解説します。
Amazonを開く

1,000円より安い商品のみ表示

amazon-何円以下で絞り込み
&high-price=1000
コピーする
先程紹介した通り、1,000円以下の商品に絞り込めます。2,000円以下なら、このように数字を変えればOK。
&high-price=2000
コピーする

100円〜1,000円の商品のみ表示

Amazon-価格で絞り込み検索
&low-price=100&high-price=1000
コピーする
値段を範囲で指定して絞り込めます。範囲を変えたい時は数字を変えればOK。
&low-price=1000&high-price=5000
コピーする

Amazonが販売している商品のみ表示

amazon-マーケットプレイス

Amazon以外が販売している例

Amazonには、Amazon自身が販売している商品とは別に「マーケットプレイス」という枠の商品があります。

これはAmazon以外の個人や業者が出品している商品で、人によっては除きたい方もいるはず。

Amazonが販売している商品のみ

Amazonが販売している例

販売元で見分けられますが、こちらを使うと、マーケットプレイスの商品が除外され、Amazonが販売している商品のみに絞り込めます。

&emi=AN1VRQENFRJN5
コピーする

割引率10%以上の商品のみ表示

Amazon-10%OFF10%OFF以上、つまり10%OFF〜99%OFFの商品に絞り込めます。数字を50に変えると50%OFF以上に絞り込めますが、該当する品がない時は、最も近い割引率の品が表示されます。

&pct-off=10-
コピーする

割引率30%〜90%の商品のみ表示

Amazonで割引率の範囲で検索

割引率を指定して、一定の範囲でも絞り込めます。数字を変えれば、10%〜50%OFFなどに変えられます。

&pct-off=30-90
コピーする

並び替えるコマンド

続いて、並び替えるコマンドです。実際に「チョコレート」の検索結果で解説します。
Amazonを開く

レビューが高い順

評価が高い順-Amazonレビューが高い商品が優先して表示されます。ただし、評価が高い=100%良い商品とは限らないので要注意ですね。

&sort=review-rank
コピーする

売り上げ数が多い順

売り上げが多い順-amazon
Amazon内で販売数の多い品が前に来ます。ベストセラー商品が多く表示されますね。

&sort=salesrank
コピーする

人気が高い順

Amazon-人気の高い順
人気というと分かりづらいですが、レビュー・売上数ともに高い商品が前に来ます。

&sort=popularity-rank
コピーする

値段の安い順

Amazon-値段の安い順
1番使うかと。セール品がある時も優先して表示してくれます。

&sort=price
コピーする

あまり使い所は見当たりませんが、こちらを入れると高い順になります。

Amazon-値段の高い順
&sort=-price
コピーする

発売日の新しい順

Amazon-最新商品に並び替え新商品が優先されます。発売予定日しか決まっていない商品も探せますね。

&sort=date-desc-rank
コピーする

以上です。個人的に便利なのは、Amazonの販売商品のみ表示ですね。マーケットプレイスの品を買ったら箱がボコボコの商品が届いたことがあるので…。裏ワザと勘違いされがちですが、普通にAmazonのシステムを使ったものなのでご安心を。

Amazon

Amazonで安く買う10の方法|お得な買い方から最適な支払い方法まで全て解説

2021年10月10日
コメントする

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元上場企業のサラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。