Amazonマーケットプレイス商品の見分け方と除外する方法

Amazonマーケットプレイスを見分ける方法

Amazonには、Amazon自身が販売する商品とは別に「Amazonマーケットプレイス」という枠の商品があります。

これは個人や他の業者がAmazonに手数料を払うことで自分の店が開けるというもの。

Amazonマーケットプレイス

公式:Amazonマーケットプレイス

売る側にとっては便利なサービスですが、買う側にとっては少々問題が起きてます。

偽のレビューを依頼する業者がいたり、偽物を出品する詐欺が実際にあるからです。

というわけで、マーケットプレイス商品の簡単な見分け方と除外する方法を解説しておきます。

見分け方:販売元だけ見ればOK

Amazonの商品はカートに入れたり、今すぐ買うボタンの側に販売元が書かれてます。

amazon-マーケットプレイス

Amazon以外が販売している例

ここがAmazonでなければ、それはマーケットプレイスの商品。

Amazonは自社で販売する商品以外も配送してるので勘違いしやすいのです。出荷元がAmazonでも、販売元が別の会社なら、それは別の企業や個人が販売している商品。その中には、転売品もあります。

こちらがAmazonが販売している商品の例です。

Amazonが販売している商品のみ

Amazonが販売している例

基本は人気のある商品を販売してるので、マーケットプレイスより安心感があります。

マーケットプレイスの商品を除外する方法

Amazonで何かを検索した後、URLの最後にこの英数字を追加して再検索すると、マーケットプレイス品が除外されます。

&emi=AN1VRQENFRJN5
コピーする

例えば、イヤホンと検索してから…
Amazon-イヤホンと検索一番上のURLバーを選んで最後に貼り付けると…マーケットプレイスの商品を除外する
Amazonが販売しているイヤホンに絞り込めます。Amazonマーケットプレイスの商品を除外
注意点として、アプリ版では使えないということ。また、こちらの記事では、怪しい商品の見分け方を解説してるので参考にしてください。
Amazonの怪しい商品を見分ける7つの手順

コメントする

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。