【難易度は低い】楽天のダイヤモンド会員を1年間キープしたので、方法と水曜日の特典を解説

カレンダー

楽天には会員ランクというシステムがあり、最高ランクの「ダイヤモンド」を1年継続すると「豪華特典」なるもの物がもらえます内容は2つあり、

ダイヤモンド-1年キープ

参照:楽天Point Club

ひとつは1年を達成した月の水曜日、楽天市場の買い物がポイント+1倍というもの

2つ目は、最大1万円OFFクーポンの抽選配布です(後ほど詳しく解説)。

楽天-抽選-1万円OFFクーポン

参照:楽天感謝デー

私も気づいたら1年キープを達成…結構簡単でした

楽天-ダイヤモンドを1年キープした

参照:楽天市場

無理に維持する必要は全くないですが、せっかくキープ出来たので、具体的な方法を解説します。

ランクに必要なポイントの確認方法も解説するので参考にどうぞ。

楽天市場の利用者は現在5,100万人ほど。EC業界でトップですが、この内、何人がダイヤモンドなのか?結論から言うと、8人〜9人に1人ほどの割合。人数でいうと600万人〜700万人と考えられます。

ダイヤモンド会員は「楽天カードの所有」が1つの条件になっており、この楽天カードの所有者が2020年時点で2,000万人超え。この内の約3人に1人がダイヤモンド会員と考えられているため、そのような数字が予測できます。

ダイヤモンド会員の特典・メリットまとめ

1年をキープすると、2つの特典が与えられる

カレンダー-有効期限
冒頭でも伝えましたが、2つほど注意点があるので詳しく解説します。

1.水曜日の楽天ポイント還元率が上がる(+1倍)

ちょうど1年を達成した月だけですが、毎週水曜日、楽天市場の買い物でもらえる楽天ポイントが増えます(100円につき+1ポイント)。

使う際は、下記のページからエントリーが必須です。
1周年感謝デー

もらえるのは期間限定ポイントなので注意|上限もあり

楽天ペイ-期間限定ポイントを使う

追加でもらえるのは期間限定ポイントです。受け取った翌月末に失効してしまうポイントですね。また、獲得上限が1,000ポイントなので気をつけてください。

期間限定ポイントの使用期限を確認する方法

特典ポイントの付与は、翌月の15日頃

カレンダー

特典ポイントの付与は、買い物をした翌月の15日頃です。

例えば10月に1年を達成し、その月の水曜日に買い物をすると、11月15日頃に特典ポイントがもらえます。そして、同じ年の12月31日をすぎると失効します。忘れずに使いましょう。

2.抽選で10,000円OFFクーポンも当たる

楽天-抽選-1万円OFFクーポン

参照:楽天感謝デー

抽選でクーポンも当たります。

当たる人数は下記の通り(あくまで過去の例です)。

10,000円OFF×10人・5,000円OFF×20人

1周年感謝デーにエントリーすると、自動参加になります。当選すると、エントリーした翌月の21日頃にメールで届くとのこと。ただし、使用期限がクーポン受信から翌月末と短いので気をつけましょう(11月21日にクーポンが届いた場合、使用期限は12月31日まで)。

ダイヤモンドになる条件をおさらいしよう

ランクアップ

ダイヤモンドになる条件は下記の通り、3つあります。

ダイヤモンド会員の条件
  • 過去6ヶ月間の楽天ポイント獲得数が合計4,000ポイント以上
  • 過去6ヶ月間の楽天ポイント獲得頻度が30回以上
  • 楽天カードの所有者であること
詳しくはこちらで解説しているので、参考にどうぞ。
楽天の会員ランク

楽天の会員ランクとは?ダイヤモンド・プラチナまで上げるメリット・条件を解説

2022年10月3日
カレンダー
数え方はとてもシンプルです。会員ランクは、楽天によって過去6ヶ月間のポイント獲得数が確認→その結果によって毎月2日に更新・ランクアップします。

そして、ダイヤモンド会員になった月が1ヶ月目。そこから数えて12ヶ月目の2日にダイヤモンドが確定すると、1年キープ達成です。

例えば、1月2日にダイヤモンドになったとしましょう。この場合、12月2日までずっとダイヤモンドでいると1年キープ達成です。

1年間、ダイヤモンドを保つ方法|やっても意味ないことも解説

カレンダーと電卓を持つ女性のイラスト

まず楽天カード(年会費無料)は必須です。いくらポイントを貯めてもプラチナで止まります。

問題は楽天ポイントの獲得ですね。効率の良い貯め方はこちらで解説してますが、

楽天ポイントの貯め方

楽天ポイントを賢く貯める23の方法を解説|ちょっとした裏ワザな貯め方も

2021年6月18日
私の場合、特に貢献していたのは、こちらの5つでした。これだけでダイヤモンドになりますし、自然と維持できます。

  1. 生活必需品(安いもの)は、なるべく楽天市場で買う(支払いは楽天カードで)
  2. 対応している外の店は、楽天ぺイで支払う
  3. 楽天ペイの現金チャージには楽天カードを使う
  4. 楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にする
  5. 楽天ポイントカードの掲示で貯まる店は必ず見せる
  6. Suicaは楽天カードでチャージする
  7. 旅行は楽天トラベルでする

特に楽天カードの支払いと楽天銀行のハッピープログラムは獲得回数にかなり貢献します。

楽天-ポイント実績

参照:ポイント実績

詳しい手順・理由については、楽天ポイントを効率よく貯める23の方法はじめに済ませたい3つの支払い設定編で解説してるので、参考にどうぞ。

期間限定ポイントはランクアップの対象外なので要注意

期間限定ポイントはランクアップ対象外-楽天

参照:楽天Point Club

やってしまいがちなのが、期間限定ポイントを必死に貯めてしまう事です。期間限定ポイントの獲得はランクアップの対象になりません。

期間限定ポイントはランクアップ対象外-楽天

参照:楽天Point Club

下記のような期間限定のイベントでもらえる特典ポイントは、基本的に期間限定ポイントなので要注意。

  • SPU
  • お買い物マラソン
  • 5・0のつく日キャンペーン
  • ワンダフルセールなど

ランクアップの対象ポイントは楽天Point Clubのポイント実績で下記のように表示されます。

通常ポイントはランクアップの対象-楽天

参照:ポイント実績

また、自分のお金を一切使わずに通常ポイントを獲得できるサービスも対象外です。「楽天 超ミニバイト」や「Super Point Screen」などですね。このような「消費行為のない獲得ポイント」はランクアップの対象外なので気をつけてください。

自分のランクや維持に必要なポイント数を確認しよう

楽天のダイヤモンド会員の確認方法

参照:楽天Point Club

自分は今どのランクなのか、1年キープできそうなのか?分からない人が多いはず。これは、ステータス確認画面で確認しましょう。

自分の会員ランクを確認する方法でも説明してますが、今のランクと来月ランクアップするために必要なポイント数や獲得必要数が分かります。自信がない方はブックマークしておき、定期的に見ましょう。
ステータス確認

自分のポイント実績を見直し、何がポイントの稼ぎ頭になっているか確認するのも大切です。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。