冷蔵庫の寿命は何年?平均は13年、長くて30年持つ人も|劣化のサインや予防法を解説

冷蔵庫

冷蔵庫って何年くらいもつんだろう…?

家電の中でも値段の高い冷蔵庫。なるべく長く使いたい人は多いと思いますが、一体どのくらいで寿命が来るのか?

これはおおよそ10年〜13年と考えられています。このページでは、その理由と冷蔵庫の劣化サイン・予防法を解説します。

冷蔵庫の安い時期

冷蔵庫の安い時期を徹底解説|買い時を把握してお得に買い換えよう

2022年3月12日

冷蔵庫は約13年で買い替えられている

冷蔵庫まず内閣府の「消費動向調査(2021年3月)」によると、冷蔵庫が使われる平均年数は12.9年(2人以上の世帯)とのこと。約13年ほど使われているようですね。

こちらは過去のデータ一覧です。

調査時期 平均使用年数
2014年 10.1年
2015年 9.9年
2016年 11.3年
2017年 13.3年
2018年 12.2年
2019年 13.0年
2020年 12.8年
2021年 12.9年

2016年頃までは10年程で買い替えられていましたが、ここ最近は13年ほどで推移してます。

冷蔵庫も省エネ化が進んでいるため、その分使える寿命が伸びている訳ですね。

とはいえ、寿命はおよそ10年か

「13年で買い替えられている」とはいえ、「冷凍室が壊れても、冷蔵はまだ冷えるし…」と完全に壊れるまで交換しない人も多いです。

基本的に家電は下記のような寿命が想定されており、使い方やメーカーによっても耐用年数は左右されます。

品名 寿命 メーカーの部品保有期間
冷蔵庫 10年 9年
電子レンジ 10年 8年
炊飯器 7年〜8年 6年
トースター 5年〜6年 5年
電気ポット 5年 5年
IH調理器 7年〜8年 6年

冷蔵庫は普通に使っていると、約10年でどこかが壊れ始めると思って良いでしょう。

なお、メーカーの部品保有期間というのは、メーカーが修理に使う部品を保存している期間のことです。

この期間が過ぎると「その冷蔵庫の部品はもう取り扱ってないんですよー」と修理を断られてしまう可能性が高いので要注意。

人によっては30年ほど持つケースもある

冷蔵庫は人によって30年以上も使う人がいます。これはなぜなのか?


そのほとんどは、冷蔵庫の使い方によって左右されます。

劣化のサインと予防法

冷蔵庫
冷蔵庫は、冷凍室から壊れることが多いです。そのため、

  • 製氷機の氷がくっついている
  • 冷凍庫のアイスクリームがなんだか柔らかい
などの症状が見受けられたら、寿命がかなり近いと思ってOK。

また、冷蔵音がうるさくなってきた場合も要注意です。中を冷やすためのコンプレッサーが劣化すると、過剰な負担がかかり、音が大きくなります

劣化の兆候として覚えておきましょう。

上記のような劣化を抑えるには、

  1. 冷蔵庫を頻繁に開け閉めしないようにする(温度を上下させない)
  2. 冷蔵・冷凍共に大量にものを入れない(その分をコンプレッサーに負荷がかかるため)
  3. 冷蔵庫の上に物を置かない(熱が籠る要因になるため)

上記のように使いましょう。冷蔵庫を冷やすコンプレッサーの劣化を抑え、結果として長持ちします。

冷蔵庫はある日突然動かなくなります。

なるべく計画的に、壊れる前に買い換えるようにしましょう。中の食品を全て廃棄することになりますし、いざという時に困るのは目に見えてます。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。