家は買わない方が賢いと言われる理由。若者・サラリーマンが35年ローンを組む前に知っておくべきこと

家-建設

家を買うか、買わずに賃貸のままで暮らしていくか?多くの人が悩むことかと思いますが、現状は買わない方が賢明かと。

ここでは、その理由を解説していきます。

日本人は、なぜ家を持ちたがるのか?

そもそも、日本人は一体どれくらいの人が家を買おうとしているのか?数字を見てみると、日本人の約80%が「将来、家も土地も買いたい」と考えてます(※1)

この割合は、平成5年あたりから毎年変わっておらず、だいたい日本人の約8割が「持ち家派」という流れになってますね。理由は…

日本人は、持ち家派が多い
子供に財産を残したい。
賃貸より安い。
後々資産になる。」と考えているから。

しかし、先ほども言ったように今家を買うのは賢いとはいえず、残念ながら9割以上の家は資産になりません

なぜなのか?

日本の物件は、15年〜20年で価値がゼロになってしまう

結論から言うと、日本の不動産価値は15年〜20年でゼロになってしまうからです。理由を解説していきます。

1.日本人の85%は中古の家を買わない

「家を買っても、いらなくなったらすぐ売ればいい。」そう考える人は多いかもしれません。しかし、日本人は圧倒的に新築を選ぶ傾向が強いのです。

家を買うなら新築
実際に家を買った人の約85%の人が、新築を買っています(※2)

この日本における新築派の強さは、海外の先進国に比べて圧倒的で…

日本で中古物件を買う人の割合
アメリカやイギリス・フランスなどでは、64〜90%とほとんどの人々が中古物件を買うのに対し、日本はわずか14.7%の人しか中古物件を買いません。

なぜなのか?

2.日本は、中古物件にマイナスの印象しかない。

日本の中古物件は、マイナスの印象しかないからです。

日本は、雨が多く湿度も高い。地震も多いので、建物は劣化しやすい。つまり、価値を維持しにくい環境にあるのです。

海外はリフォームを楽しむ文化がある
このようなデメリットの少ない国や地域では、自分でリフォーム(DIY)を楽しむ文化が根付いているため、ほとんどの人が中古物件を選びます。

例えば、あなたが日本で築25年の家を、「さぁ買うぞ!!夢のマイホームだ!」と買えるでしょうか?恐らく、ほとんどの人が避けるはず。そう、需要がないのです。

これが日本の物件価値が約15年〜20年でゼロになってしまう、と言われる所以です。誰だって劣化した建物の使い回しは嫌なものでしょう。

日本人が新築を選ぶ理由は、他にもあります。例えば、のような感じですね。

新築購入で優遇されるもの
  • 建物の耐用年数が長いので、銀行での35年ローンが組みやすい。
  • 中古よりも値段が約2割高いため、固定資産税が減額される。
さらに、把握しておきたいのが「人口が減る」という問題です。

3.人口が激減していく(空き家が増える)

日本は今、ひどい人口減と少子高齢化に陥ってます。具体的にどのくらい減るのか…?統計によると、

人口が減る
2010年〜2050年で約3,000万人が減ると考えられています(※3)。
具体的な推計数(※3)
  • 2010年:1億2806万人
  • 2030年:1億1662万人
  • 2050年:9708万人
住む人がいなくなってしまえば、もちろん空き家が増えます。親族から家を受け取る人も増えるでしょう。

外国からの移民対策も現実的ではなく、人口問題もすぐに改善するとは言えません。家を買う年齢層の人々(15歳〜65歳)は減り、超少子高齢化の社会が進んでいきます。

必然的に土地と住宅の需要が無くなるので、買った家の価値はゼロになってしまうのです。

特に地方の家は危険

人口が減ると、人は都市部に集中します。生活が便利だからです。なので、都市部の需要は横ばい。不動産の価格は緩やかに下がっていくでしょう。しかし、地方は厳しくなってきます。空き家が多発するため、下落は避けられません。

今、地方に家を買っても固定資産税を毎年払うだけなので要注意。

家を買うことで起こりうるデメリット

他にも、家を買うことで起こりうるデメリットがこちら。ただ、ネガティブに捉えてほしい訳ではなく、こういったリスクを把握した上で買うようにしましょう。

一覧
  • リフォーム代がかかる(目的・場所によって数百〜数千万)
  • 毎年の固定資産税がかかる(土地・建物の評価額×1.4%)例:家の評価額が2,500万円の場合→2,500万円×1.4=35万円
  • 住宅ローンで破産
  • 地震による損壊
  • 隣人がおかしな人・危険な人でも簡単に引っ越せない(騒音なども)
  • 旦那さん、奥さんの転勤・転職に対応できない
  • 定年退職後に好きな所に住めない
  • 35年ローンが邪魔して、何事にもチャレンジできなくなる

もし、買うならこんな家?

とはいえ、家は家族の城です。1人暮らしならまだしも、家族を持つならサラリーマンだけでなく、家庭を守る主婦にとって1つの目標になるもの。

仕事のモチベーションや良い家族関係など、人生の質を大きく変える買い物なので、家を買うこと、それ自体を全否定する気は毛頭ありません。

なので、もし買うなら…

価値が下がりにくい物件の特徴
  • コンビニやスーパーなどの商業施設、学校などが近く、
  • 大きな公園があり、治安もいい。
  • 駅からも近い都市部の家。
は、価値が下がりにくいと言えます。狙うならこういった所がいいのではないでしょうか。

いずれにしても、大きな買い物なのでじっくり比較して決めたいですね。

買ってはいけない家と土地
髙橋 輝
自由国民社 (2015-12-16)
売り上げランキング: 41,249