iPhoneのバッテリー劣化状態を確認する方法と交換の目安・時期を解説

iPhone-バッテリーの寿命

しばらくiPhoneを使っていると、バッテリーの減りが異常に早いことがあるはず。その原因の9割以上は、バッテリーの経年劣化によるものです。

例えば、Apple公式からは下記のように説明されてます。

iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。

この劣化スピードは端末によって変わり、目安は下記の通り。

本来の80%が維持できる充電回数
端末名 充電回数
iPhone 500回
iPad 1000回
iPod 400回
MacBook 1000回

ただ、上の回数だけでは今使ってるiPhoneがどれだけ劣化してるのか判断できません。そこで…

節約ハック
iPhone本体でバッテリーの劣化状態交換の目安・診断方法ができるので、その方法を解説します。

おすすめの対処法も解説するので、参考にどうぞ。


iPhoneに使われているリチウム・イオン・バッテリーを含めた統合的な基準から、iPhoneは約3年を想定寿命としていることが公表されています(経済誌Forbes JAPAN 2016年4月19日号より)。

とはいえ、使い方によっては寿命がしっかり伸びるので、1つの目安として覚えておきましょう。

バッテリーの劣化状態を確認する方法

バッテリーの劣化レベル(現在の最大容量)は設定アプリから簡単に確認できます。

方法は下記の通り。設定」→「バッテリー」をタップ。
iPhone-設定-バッテリー続いて「バッテリーの状態」を選ぶと、「最大容量」という項目が出ます。

購入時は100%
中古は別ですが、基本的に購入時の最大容量は100%、そこから使う量・年月・充電回数に比例して減ります。

なお、上記の85%という結果は、iPhoneを2年2ヶ月使ったものです。充電は1日1回程度。

80%未満になると、交換の推奨メッセージが表示される

バッテリーが著しく劣化して最大容量が80%未満になると、下記のようなテキストも表示されます。

先ほどと同じように「設定」→「バッテリー」をタップしましょう。
iPhone-設定-バッテリー
続いて「バッテリーの状態」→上部をチェック。ここがバッテリーの状態に応じて変化します。
iPhone-バッテリーの診断方法上記は正常な証。

バッテリーが著しく劣化している時は、下記のような表示になります。
iPhone-バッテリーの診断方法

また、iOSのバージョンによっては「設定」→「バッテリー」の画面に下記のようなお知らせが表示されますね。
iPhone-バッテリーの診断方法

交換の目安は、最大容量80%未満

Apple公式のバッテリー交換料金は下記の通り。配送修理・持ち込み修理と2つありますが、注意点があります。

バッテリー交換の料金表
機種名 保証
対象外
Apple Care+
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、
iPhone XR、iPhone 11 Pro Max、
iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12、iPhone 12 mini
7,400円 0円
iPhone SE (第 2 世代)、iPhone SE、
iPhone 6、iPhone 6 Plus、
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone 7、iPhone 7 Plus、
iPhone 8、iPhone 8 Plus、
およびその他すべての対象モデル
5,400円 0円

Apple Care+に加入していると無償交換ですが、バッテリーの最大容量が80%未満のiPhoneが対象なので要注意なのです。

Apple公式より抜粋

Apple Care+ ハードウェア製品保証:保持容量が本来の容量の80%未満になった場合のバッテリー修理サービス

またバッテリーの交換を申請すると、5日間〜7日間はiPhoneが手元に返ってこないので、これも注意です。

Apple Care+に入っているかは、下記のページにiPhoneのシリアルナンバー(※)を入れて確認できます。
保証状況とサービス期間を確認する

(※)シリアルナンバーは、iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」で確認できます。

自分で交換するか、モバイルバッテリーを1つ持つと便利

バッテリーの交換は自分でも出来ます。

新品のバッテリーや交換キットはAmazonで買えますが、難易度がほんの少し高いので要注意。


また、モバイルバッテリーを持つのもおすすめです。

例えば、容量10000mAhの製品を使うとiPhoneを2〜3回フル充電できます。最大容量が80%になっても常に持ち歩けば300%以上になるので安心ですね。

1回のフル充電で十分なら、下記のような小型タイプも人気です。

バッテリーを劣化させないコツ

劣化させないコツは下記の通り。基本的に公式発表されている方法です。

  1. 0%まで使い切ってから充電する(充電頻度を少なくすること)
  2. 「最適化されたバッテリー充電」をオンにする
  3. 「低電力モード」をオンにする
  4. 周りの温度を0〜35℃の状態で使う

設定方法は、こちらの記事で解説しているので参考にどうぞ。