充電速度を約3倍早くする、iPhoneの遅い充電を早める方法まとめ【急速充電】

iPhoneの充電を早める方法

iPhoneの充電がやたら遅い…と悩む人は多いはず。時間がないのにノロノロ充電されると、いざという時に困ります。

そんな方は、下記の方法がおすすめ。最高で約3倍ほど早く充電できます(動画検証あり)

iPhone8・Xからは急速充電にも対応していますが、これも意外と知らない人が多いかも。

というわけで、ここでは下記の3つを解説していきます。

便利なiPhoneアプリも紹介するので、充電速度に困っている方は参考にどうぞ。

1.PCからの充電は遅いのでなるべくやめよう

PCからの充電
PCからUSBケーブルを使った充電は基本的に遅いです。これは受け取る電力がそもそも弱いため。

なるべくコンセントに電源アダプタをさして充電するようにしましょう。

2.不要な通信を切って充電しよう

iPhoneを操作してないのに自動でバッテリーが減ってる…あるあるだと思いますが、この原因の1つはネット通信です。そこで、

iPhoneの通信をオフにする
充電中はこれから紹介する3つの方法で通信をオフにしてください。

2-1.機内モードをオンにして充電する

iPhone-機内モードをオンにする方法

上にスライドして「飛行機のアイコン」をタップ

機内モードは、飛行機内で電波障害を起こさないためにスマホの通信をカットする機能ですが、これがオンになっていると下記の通信が止まります。

  • キャリア通信(ドコモ・au・Softbankなどで契約しているネット通信・電話回線)
  • GPS(位置情報)
結果、メールの受信や裏で稼働しているアプリの通信が止まるため、その分、バッテリーが消耗しません。充電速度も上がります。

2-2.できればWiFiとBluetoothもオフに

iPhone-WiFiとブルートゥースをオフにする方法

WiFIとBluetoothアイコンもタップ

機内モードをつけてもWiFIとBluetoothは使えます。なるべくこれもオフにしましょう。

理由は上記と同じです。

2-3.低電力モードをオンにして充電する

iPhone-低電力モード低電力モードをオンにすると、バッテリーが80%になるまで下記の機能を制限してくれます。

  • メールの取得
  • “Hey Siri”
  • App のバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
  • iCloud 写真 (一時的に停止)

設定方法は下記の通り。80%に達したら、低電力モードは自動でオフになります。設定アプリをいちいち開く必要があるので、少し面倒なのが難点ですね。

iPhone-低電力モードをオンにする方法

設定→バッテリー→低電力モード

バッテリーの消耗を抑えたい時にはおすすめです。

2-4.電源を切って充電する(約5%早くなる)

iPhone-電源を切る上記の全てを一括で出来るのが電源オフです。全ての機能がオフになるので、いちいち操作するのが面倒な人はこれがおすすめ。

おおよそ5分は早くなりますが、電話に出られないのが難点

3.アダプタをW(ワット)数の大きいものに変える【約3倍速】

iPhone-電源アダプタのワット数-種類

Apple公式からも紹介されている方法で、最も効果が高いのがこれです。

iPhoneに付属している電源アダプタの電力は5W(ワット)なのですが、これを別売の18W、もしくは30Wに変えると劇的に充電が早くなります。

下記は、米メディアが実際にiPhone11で充電速度を比較してみた結果ですね。

アダプタの
種類
充電時間
15分 30分 45分
apple-USB-C-電源アダプタ-5W5W
(付属品)
9% 18% 26分
apple-USB-C-電源アダプタ-18W18W
(別売:2,800 税別)
28% 54% 74分
apple-USB-C-電源アダプタ-30W30W
(別売:4,800 税別)
30% 57% 76分
image by Apple

動画で比較検証を見る

約3倍速ですね。

僕は30Wを愛用してますが、やはり速いです。正直、もう付属(5W)には戻れませんが、速度検証を見ると18Wでも十分かと。

ケーブルと違って故障の心配もほとんど無いので、1つ持っておけば長期的に愛用できるのでおすすめです。

Apple-充電器ケーブル-コンビニ-セブンイレブン
ちなみに、コンビニ(セブンイレブン)にも18W(ワット)の電源アダプタが置いてあるので要チェック。

高速充電は8・Xシリーズ以降に対応

iPhone8-高速充電に対応
1つ注意点として、高速充電は、iPhone8・X以降に搭載されている機能です。公式ページでも説明がありますね。

30分で最大50%とあるため、ここら辺が目安になります。

古い機種を充電する時の注意
iPhoneの古い機種(6、7など)でも充電速度は上がりますが、公式から特に推奨されているわけではありません。

機種によって受け取れる電力の強さも変わってくるため、なるべくやめましょう。

4.バッテリーを劣化させない設定で使う

iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐiPhoneを使ってなくてもバッテリーが減ってくんだけど…なんて人は多いはず。これはバッテリーの劣化です。劣化しても充電速度は下がるので、これを予防しておきましょう。

Apple公式が公開している「バッテリーの寿命を伸ばす方法」は主に下記の3つです。

  • 周りの温度を0〜35℃の状態で使う(夏場の充電はケースから取りはずそう)。
  • なるべく0%まで使いきる(充電頻度を少なくすること)
  • 「最適化されたバッテリー充電」をオンにする(下記で説明)

3つ目の「最適化されたバッテリー充電」はiOS13から追加された機能ですね。バッテリーの寿命を伸ばすためにデフォルトでオンになっていますが、設定方法は下記の通りです。

iPhone-バッテリー設定

【設定】→【バッテリー】

iPhone-最適化されたバッテリー充電

【バッテリーの状態】→【最適化されたバッテリー】

また、低電力モードをオンにして使うことも公式から推奨されています。

iPhoneが残り何分使えるか、分かるアプリ「バッテリーHD+」

iPhoneアプリ-バッテリーHDバッテリー管理でおすすめのアプリが「バッテリーHD+」です。このアプリを使うと、下記の機能が使えて中々便利です。

  • iPhoneが残り何時間・何分使えるか表示
  • 何時間で100%になるのか表示(目安)
  • 充電が完了したらアラームで知らせてくれる(%指定可能)
  • iPhoneが適温状態か確認できる

必要性がある人は要チェック。

バッテリーHD+
バッテリーHD+

便利なモバイルバッテリー・内蔵ケースを常備しよう

仕事で使う方は優秀なモバイルバッテリーも常備したほうがいいでしょう。

最近は上記商品のように、コンセントがあれば電源アダプタになり、取り外せばモバイルバッテリーになる一体型がおすすめです。

荷物が少なくなる上に勝手に充電しておいてくれるので、iPhoneのバッテリーがなく、近くにコンセントもない時に重宝します。