【2021年】iPhoneの最もお得な買い替え時期を解説。値下げは9月、バッテリーの寿命は約3年でくる

古くなったiPhoneと機種変更

iPhoneそろそろ買い替えようかな…でも、いつ替えるのが1番良いんだろ…と悩む人は多いはず。

当然ですが、何も考えずにポンポン替えると損します。

節約ハック
結論からいうと、iPhoneの買い替えは、下記の4つのタイミングで考えましょう。
  • バッテリーの寿命が来た時(約3年:Apple公式)
  • 型落ちモデルの値下げがくる9月
  • 端末代金を24回支払い終えた後(同じ会社で機種変更するなら、端末代金 約3.5万円が無料になる)
  • 解約金が起こらない更新月(契約から24〜26ヶ月目、48〜50ヶ月目)

このページでは、iPhoneを買い替えるおすすめの時期をバッテリーの寿命安くなる月という2つの点から解説していきます。

1.バッテリーの寿命は約3年(公式)

型落ちのiPhone-裏面しばらくiPhoneを使うと「バッテリーの減り早ーっ…」と感じる人は多いはず。iPhoneだけでなく、スマホのリチウムイオンバッテリーは使うほど劣化します。

iPhoneは、約500回の充電で最大容量が80%まで落ちると公表されており、iPadやMacなども同じように劣化します

バッテリーの最大容量が80%まで落ちる目安
端末名 充電回数
iPhone 500回
iPad 1000回
iPod 400回
MacBook 1000回

この劣化速度から、iPhoneの想定寿命は約3年と公式発表(Forbes JAPAN 2016年4月)されており、ここが一つの目安になりますが、

バッテリーは交換したり、モバイルバッテリーで対応するなど工夫できます。

使い方や頻度によっては5年〜8年使う人もいるため、一概に正解と言えません。

こちらの記事では、現時点で自分のiPhoneバッテリーがどれくらい劣化しているか?確認する方法を解説しています。参考にどうぞ。

iPhone-バッテリーの寿命

【iPhone】バッテリーの劣化状態を確認する方法と交換の目安・時期を解説

2020年12月11日

2.値下げの時期は毎年9月〜(型落ちモデルが安くなる)

古くなったiPhoneと機種変更iPhoneは毎年新しいモデルが9月に発表され、10月前後に発売されます。すると、下記のように1つ前のモデルが安くなるのです。

  • 9月:iPhone13の詳細・発売日が発表、同時にiPhone11、12などが値下げ販売開始
  • 10月:iPhone13が発売開始、iPhone11、12などが値下げで継続販売。

実際、iPhone13が発表された9月24日、ソフトバンクはiPhone12の値下げを発表してます

iPhone12

ソフトバンク、iPhone12全シリーズを値下げへ|9月24日から

2021年9月24日

1つ前のモデルは型落ちモデルと呼ばれ、「とにかく新しい機種が欲しい…」という人は買わなくなります。

携帯会社は、在庫の型落ちモデルを売りさばきたいので、新しいiPhoneが発売される時がおすすめなのです。

最新モデルが安くなることはある?

最新モデルが安くなるのは、やはり発売から翌年の9月。次世代モデルが発表される時です。最新のiPhoneである以上、割引は全くされないので覚えておきましょう。

3.各社の乗り換えサポート・割引月に機種変更するとお得

iPhone12iPhoneの端末代金は約10万円〜15万円とかなり高いです。

そのため、各社24回〜48回の分割払いで毎月2,000円〜3,000円払うのが当たり前になってますが、大手3社が用意しているスマホお返しプログラムを使って、特定の月にiPhoneを返却すると、残りの端末代金(36,000円〜48,000円ほど)が無料になります。

新しいiPhoneの購入が必須で、端末が故障してると別途で約2万円かかりますが最新機種にどんどん変えられるメリットがあります

2021年現在、3社が提供しているサポートプログラムは下記の通りです。

古いiPhoneを使い続けて、残りの40,000円を払うのは気が引けるなぁ…という方は、ここを基準に考えるのもアリです。

今、自分が何回支払い終えたのか?は下記のMyページから契約状況を確認しましょう。

自分の契約内容を確認:My docomoMy auMy SoftBank

2.解約金が起こらない更新月に(他社に乗り換える時)

古いiPhone2台携帯大手3社の契約には、2年契約があります(※1)。「2年間ウチと契約してもらう代わりに基本使用料を毎月割引しますよー」というやつですね。

その代わり、特定の月以外で解約すると約9,500円の違約金が発生するので要注意です(※1)。解約は下記のタイミングでしましょう。

契約から24〜26ヶ月目、もしくは48〜50ヶ月目に解約しよう。
の通り、契約した月の翌月を1ヶ月目(※2)として24〜26ヶ月目、48〜50ヶ月目には解約金がかからない更新月というものが設けられています。スマホの更新月-解約金がかからない月

他社に乗り換える場合は、必ずここで解約しましょう。

契約会社や時期によって条件が変わるので注意です

自分の更新月がいつか分からない…という方は、下記の各キャリア・マイページで確認できるので要チェック。

自分の契約内容を確認:My docomoMy auMy SoftBank
2019年9月以降に新規契約した方は緩くなりました。
(※1)2019年の9月30日以降に登場した契約プランは、下記のように解約金がとても緩くなっています。そこまで気にする必要はないでしょう。

  • ドコモの解約金:1,000円
  • au(一部プランのみ)の解約金:1,000円
  • ソフトバンクの解約金:0円

(※2)契約した日がその月の1日(ついたち)だった場合は、その月が契約の1ヶ月目になるので要注意です。

詳細は随時HPでチェックしましょう。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元サラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。