iPhoneは何年使えるの?バッテリーの寿命と劣化のサインをわかりやすく解説

iPhoneの寿命-何年もつか

iPhoneを2年〜3年ほど使っていると、「バッテリーの持ちが悪くなったなぁ」と感じる人は多いはず。

そもそも、このiPhoneは何年使えるものなのか?値段が高い分、なるべく長く使いたい人は多いと思いますが、Appleの公式では、約3年が寿命と伝えられています(経済誌 Forbes JAPAN) 。

とはいえ、これはあくまで公式の目安。

人によって、iPhoneを使う頻度や使い方は変わるので一概に言えません。

筆者は、iPhone歴10年以上になりますが、基本は3年。長くても最大5年で変えるのがおすすめです。このページではその理由を解説します。

iPhoneの寿命は約3年、その理由は…

iPhone-バッテリー

寿命が約3年と言われる主な理由は、バッテリーの劣化です。

iPhoneに使われている「リチウム・イオン電池」は充電と放電を繰り返す毎に劣化し、バッテリーの持ち時間がどんどん悪くなっていきます。これはAndroidのスマホも同じ。

では、どのくらいのペースで減っていくのか?

約500回の充電で80%まで低下する

Apple公式によると、iPhoneは約500回の充電で100%→80%までバッテリーの最大容量が落ちるとのこと(※1)。

また、iPadやMacなども同じように劣化し、80%までバッテリーの持ちが落ちてしまう充電回数は下記の通りです。

バッテリーの最大容量が80%になる充電回数
端末名 充電回数
iPhone 500回
iPad 1000回
iPod 400回
MacBook 1000回

実際に3年使ったiPhoneのバッテリーは79%まで劣化

なお、私はiPhone8に変えてから3年目の月だったので確認してみると、最大容量が79%まで落ちてました
Iphoneのバッテリーの状態-最大容量バッテリーの持ちはかなり悪いです…。

ただ、バッテリーの充電は毎日しているため、充電回数は1000回を超えているでしょう。下記の使い方で、かなり軽減できていると思います。

あわせて読みたい
バッテリーの劣化を抑えるために、Apple公式からは下記の方法が推奨されています。お試しを。
iPhone-バッテリー

iPhoneのバッテリーを劣化させる4つの原因とそれを防ぐ方法

2021年10月18日

現在のバッテリー状態(%)を確認しよう

バッテリーの劣化レベル(%)は、iPhone内の操作で確認できます。確認するには、

設定」から「バッテリー」→「バッテリーの状態」を開きましょう。
iPhone-設定-バッテリー

iphone-バッテリーの劣化を調べる方法購入したばかりの初期状態では、上記の数字が100%になっています。

3年以降も使いたい時の工夫

バッテリーの容量が落ちても、動作に問題がなければ使い続けたい人は多いはず。その際は、下記のように工夫して使うのがおすすめです。

10,000mAhのモバイルバッテリーを常備する

iphone-モバイルバッテリー

容量10,000mAhのモバイルバッテリーを持つと、iPhoneを2回〜3回フル充電出来ます。80%まで劣化していても、常に持っておけばかなり安心。

iPhoneは約10万円ですが、こちらは約3,000円。次のiPhoneにも使えるので、持ってない方はおすすめ。

迷ったら、Anker PowerCoreで間違いないです。筆者も2年以上使ってますが、安くて軽くてコスパ最高です。充電もかなり早い。

バッテリーを交換する

Appleのバッテリー修理・交換

Apple:iPhone のバッテリーと電源の修理

バッテリーを交換する手もあります。ただし、基本的にはおすすめしません。なぜなら、交換した所で基本5年以上は使えないからです(次項で解説)。

それでも交換したい方は、近くのApple StoreかApple正規サービスプロバイダに持ち込んで交換修理してもらうのがベターです。

詳しくは、公式ページに記載されていますが、値段は約5,000円〜8,000円。Apple Care+という保証オプションに加入しており、サービス対象期間であれば無償で交換してもらえます。

Appleの公式サイトから、自分のiPhoneの情報を入力すると、近くの店を探したり、予約も出来るので、下記を参考にどうぞ。
iPhone のバッテリー交換が必要な場合

iOSの寿命から、使えるのは5年が限界

iOSのアップデート-iPhone

iPhoneが使えるのは、長くても5年です。なぜなら、新しいiOSに対応できないからです。iOSとは、iPhoneの中に入っているソフトウェアのこと。

定期的にアップデートの通知が来ますが、このアップデートは5年のスパンでサポートを終えます。

例えば、執筆時の最新iOSは「iOS15」ですが、既にiPhone6は対応しておらず、アップデート出来ません。

iOSのアップデートが出来ないと、どうなるのか?

最新のiOSにアップデート出来ないと、ネットへの脆弱性が高まり、全く起動しないアプリやゲームが出てきます。

例えば、今までやっていたゲームが突如、「新機能を追加したので、iOS16にアップデートしてください」と言ってきても出来ません。

対応スパンは稀に5年から7年に延びることもありますが、基本は5年。長くてもこの数字を目安にするのがおすすめです。

あわせて読みたい
自分のiPhoneは何年目なのか、確認する時はこちらの記事を参考にどうぞ。
スマホ・iPhoneの購入日を確認する方法

自分のスマホは何年使ってるのか、購入日を確認する方法

2021年10月21日

こちらの記事では、iPhoneのお得な買い替え時期を解説しているので、参考にどうぞ。

古くなったiPhoneと機種変更

【2021年】iPhoneの最もお得な買い替え時期を解説。値下げは9月、バッテリーの寿命は約3年でくる

2021年1月3日

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元サラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。