テレビの大きさに迷う方へ、部屋毎の適正サイズと距離を解説【大きすぎると後悔します】

テレビの適切なサイズ-距離

テレビを買う時に迷うのがサイズでしょう。

特に1人暮らしでは、リビングよりも居室に置くことも多いため、テレビが大きすぎると返って見え辛くなってしまいます。

下記は、ソニーやパナソニック・ビックカメラ・シャープさんなど家電のプロ達が推奨するサイズをザックリまとめた早見表になります。

これが最も綺麗にテレビを見ることができる最適なサイズ・距離なので、参考にしましょう。

一人暮らしは32型〜43型がベスト。適切な目安表

部屋の広さ サイズ
(インチ)
テレビとの適切な距離
〜5畳 24型〜32型 約1.2m
6畳 32型〜37型 約1.2m〜1.4m
8畳 32型〜43型 約1.4m〜1.7m
12畳〜 50型〜55型 約1.9m〜2.0m
14畳〜 60型 約2.2m
18畳〜 65型 約2.4m

一人暮らしの方は6畳〜8畳が多いはず。その場合は32型〜43型がベストです。テレビとの距離が1.7m以上あるなら43型以上も無理なく置けるので検討しましょう。

1.5m〜1.7mは日本人の身長とほぼ同じなので、テレビを見る位置から自分の体を横にしてみると楽に把握できておすすめです。
Amazon:テレビの売れ筋一覧
楽天市場:人気のテレビ一覧

最適な距離の測り方:画面の高さ×3倍

いくら部屋が広くても、視聴する距離が近すぎると全く見えないので、しっかり間隔をとることが大切です。最適なのは、「テレビ画面の高さ×3倍の距離」。

調子に乗って55や65型を買うと、後で必ず後悔するので要注意です。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。