テレビは大きすぎると後悔する。畳数に応じた最適なサイズ・距離を解説|大きさに迷う方へ

テレビの大きさ・距離

テレビを買う時に、必ず迷うのがサイズです。

リビングにせよ、居間にせよ、大きすぎると返って見えづらいので要注意。

このページでは、ソニーやパナソニックなど、大手家電メーカーさんが推奨しているテレビの最適なサイズ表(部屋別)を紹介します。また、

大きすぎるテレビを買ってしまった方へ、自分で出来る対処法も紹介するので、参考にどうぞ。

テレビの最適なサイズ|目安表

テレビ

こちらが最適なサイズです。最も重要なのは、テレビとの距離です。

部屋の広さ サイズ
(インチ)
テレビとの最適な距離
〜5畳 24型〜32型 約1.2m
6畳 32型〜37型 約1.2m〜1.4m
8畳 32型〜43型 約1.4m〜1.7m
12畳〜 50型〜55型 約1.9m〜2.0m
14畳〜 60型 約2.2m
18畳〜 65型 約2.4m

一人暮らしの方は6畳〜8畳が多いと思うので、ほとんどの場合は32型〜43型でOK。

テレビと自分の見る位置の間に2m以上の間隔があきそうなら50型〜55型で問題ありません。約2.2m以上あくなら、60型以上でもOK。

部屋が広くても適切な距離がとれない場合は、必ず小さくするようにしましょう。

簡単に距離を測る方法
単純ですが、日本人の身長は大体1.5m〜1.8mなので、テレビを見る位置から自分の体を横にしてみると簡単に測れます。
テレビを見る最適な距離は、テレビ画面の高さ×3倍の距離と考えられています。

例えば、32型の場合、テレビ画面の高さは約40cm。なので、その3倍の120cm(1.2m)が最適な距離となります。

大きなテレビを買ってしまった時に自分で出来ること

あまりにデカいテレビを買って後悔する人は割と多いです。

後悔しやすいのは、下記のようなサイズ。距離を測らずに「大丈夫でしょ」とつい買ってしまいがち…。

  • 50型
  • 55型
  • 60型
  • 65型

ある程度は慣れますが、疲れるので下記のような対策も考えましょう。

  • 部屋のレイアウトを変えて、なるべくテレビと距離をとる
  • テレビ台を壁寄せタイプにする
  • 目に悪くならないようブルーライトカットシートを貼る
  • テレビ画面の明るさを少し下げる
  • 中古で売って買い替える

部屋のレイアウトを変えて、なるべくテレビと距離をとる

テレビの大きさ・距離

家具の位置を変えて、テレビとの距離がとれるなら一つの手です。下記のような方法もあります。

テレビ台を壁寄せタイプにする

テレビについている脚を外して壁掛けタイプにすると、後ろの隙間が減る分テレビと距離がとり易いです。

EQUALS-テレビ台

©︎EQUALS

中間に台もあるので、レコーダーやゲーム機も置けます。

目に悪くならないようブルーライトカットシートを貼る

テレビが大きいと目への悪影響が気になる人も多いはず。ブルーライトをカットしたり、有害な紫外線を除去してくれるシートもあるので把握しておきましょう。

付ける際には、サイズを間違えないように。

テレビ画面の明るさを少し下げる

テレビの明るさを下げる

画面が近くてチカチカする時は、設定で画面の明るさを下げるのもオススメ。ちなみに、明るさを最大から標準に下げると、年間で1,210円の節約になります。

テレビの明るさセンサー

テレビによっては、周りの明るさにあわせて自動で切り替わる機能もあるので、活用しましょう。

中古で売って買い替える

最後の手段です。早くておすすめなのは、ブックオフの宅配買取。
ブックオフ:テレビの買取・査定

メルカリヤフオクで売るという手もあります。3万円〜4万円で、結構売れてますね。

テレビが安いショップは、こちらの記事で解説しているので、参考にどうぞ。

テレビを安く買う

買うならここがベスト|テレビを安く買う方法と中古・型落ちが買えるおすすめの店を解説

2021年6月19日

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。