テレビの買い時は何月?安くなる時期を知っておこう(4K・有機ELなど)

テレビ

故障・劣化で見れなくなったテレビはすぐに買い換えたい!というのが本音かと思いますが、即買うのはおすすめしません。

ほんの少し待てば、かなり安く買える可能性があるからです。

節約ハック
例えば、コジマやビックカメラなどの家電量販店では、1月〜3月7月〜9月。そして12月が安くなります。

ここではその理由と購入時の細かいポイントを解説していきます。

内閣府が公表する消費動向調査によると、テレビの買い替え周期は約9年。種類によりますが、パネルの寿命も10年〜15年と言われているので、およそ10年が一つの目安になると考えられています。

1.新型テレビが発売される直前に安くなる(1月〜3月・7月〜9月)

テレビテレビは年々新しくなります。発売から1年経ったテレビは「型落ち」と呼ばれ、新しいものを買う属性の人からは選ばれなくなります。

よって「新しいテレビが発売される前に旧型を売りさばきたい。」というのが家電量販店とメーカーの本音。旧型を売るには、安くするのが1番です。

新型テレビの発売開始が多い3月〜5月(春モデル)と9月〜11月(秋モデル)の1ヶ月〜2ヶ月前。つまり1月〜37月〜9に割引される傾向にあるので、ここを狙いましょう。

2.量販店の決算時期に安くなる(2月〜3月・7月〜9月)

会社の利益を確定する決算月ですが、この時期にもテレビは安くなります。決算セールというやつですね。
株主へのアピールや銀行からの融資を有利に進めるため、売り上げを伸ばしたいわけですが、これに乗っからない手はありません。

旧型だけでなく、新型も安くなっている可能性が高いので要チェックです。ちなみに下記は、主な家電量販店の決算セール開催月になります。

店名 決算セール月
ヤマダデンキ 2月〜3月末・7月末〜9月末
ヨドバシカメラ
エディオン
ケーズデンキ
ビックカメラ 1月末〜2月末・7月末〜8月末

3.ボーナスの月に安くなる(7月・12月)

ボーナスが配当される7月・12月もテレビが安くなるチャンスです。お財布が潤っているこの時期を家電量販店とメーカーは逃しません。

サラリーマンを中心に、本来よりも高い買い物をする人が多いため、新型テレビを含めて狙い目になります。夏の大型セール・冬の大セールというやつですね。

4.年末年始に安くなる(12月〜1月)

年末年始は面白い番組が増えることもあって、テレビの買い替えを考える人が非常に多い時期です。

また3月〜5月には春の新モデルが発売されるため、1年前に発売された型落ちテレビを売りさばきたい…という狙いもあります。福袋でセットになることも多く、割に合えばここを選ぶのもアリでしょう。

ただし、年始はどこも混んでいるため、混む前の年末に買うことをおすすめします。

すぐ必要ならネットが楽で安い

テレビは持ち帰りが大変なので、基本は安いAmazon楽天ヤマダ電機の公式オンラインショップなどで買うのがおすすめです。
テレビが安い店|一覧

少しでも電気代を節約したいなら、省エネ設計かどうかも要チェック。4K対応や有機EL・録画対応など、こだわりがある人はじっくり比較してから買うようにしましょう。
コメントする

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。