【2021年】エアコンが安くなる時期・買ってはいけない時期を徹底解説。4月〜6月・11月は避けるべし

スケジュール-時期

エアコンは1年の中で安くなる時期と、高くなる時期があります。

それは下記の通り。

  • 安い時期:7月〜10月・12月後半〜3月
  • 高い時期:4月〜6月・11月
節約ハック
なぜこの時期に安く、もしくは高くなるのでしょうか?それは下記のようなセールがあるからです。

家電量販店の月毎・セール内容

セール内容
1月 初売りセール
2月 冬の決算セール
3月
4月 特になし
5月
6月
7月 夏の決算セール・ボーナスセール
8月 夏の決算セール
9月 決算セール
10月 ダイキン・シャープは新商品の発表に伴い、型落ちモデルが安くなる
11月 特になし
12月 年末セール・ボーナスセール

「高くなる」というよりもセールで値引きされません。割高になるので、4月〜6月・11月はなるべく避けてください。下記は各セールの詳細と注意点です。

決算セール(2月〜3月・7月〜9月)

家電量販店は決算の3月・9月(中間)になる直前から決算セールで売り上げを伸ばします。ここをしっかり狙いましょう。

下表のように、2月や7月からセールが始まるので要チェックです。

店名 セールのある月
ヤマダデンキ 2月〜3月末・7月末〜9月末
ヨドバシカメラ
エディオン
ケーズデンキ
ビックカメラ 1月末〜2月末・7月末〜8月末

年末・初売りセール(12月後半〜1月前半)

初売りは、1年の中で最も型落ちモデルが安くなる月なので要チェック。ダイキンアイリスオーヤマのエアコンが2割引になったりします。

ボーナス月セール(7月)

ボーナスが入る7月・12月もセールがあります。ただし、夏場の7月はエアコンの故障で注文が殺到するので要注意。

我が家も7月に壊れて買い換えましたが、設置工事に1ヶ月以上待たされました。エアコン本体はすぐ買えますが、本体と室外機だけ部屋に置かれて地獄の夏でした。

買ってはいけない…とまでは言いませんが、本当におすすめしません。

安くなるのは、型落ちモデル?

エアコンの型落ちモデルが安くなる家電は新しいモデルが出ると、1つ前の古いモデルを値引きで売るようにしてます。

古いモデルは型落ちモデルと呼ばれ、各セールで登場するわけですが、

節約ハック
1つ前のモデルでも基本性能はあまり変わらなかったりします。ここは普通に狙い目なのです。

スペック・メーカーで安くなる月が変わるので要注意

エアコンエアコンは高性能なもの、最低限の機能のみが搭載されたものと色々あります。

そのスペックは大きく3段階に分かれ、下記のように安くなる月が変わるので要注意。

型落ちモデルが特に安くなる月
超ハイスペック ハイスペック スタンダード
ダイキン 10月 1月〜2月
アイリスオーヤマ 9月 1月〜2月
日立 9月 2月〜4月
三菱電気 9月 2月
パナソニック 9月 1月
シャープ 10月 1月〜2月

スペックが高いエアコンは、10月〜11月にモデルチェンジするため、その直前の9月〜安くなります。普通のエアコンなら1月〜2月がベストですね。

メーカーでも少し差があるので、気をつけてください。

エアコンいつ買うべきか分からん…って方は、上記を把握して損せず買いましょう。