PS5はどっちがいいの?通常版とデジタル・エディションの違いを分かりやすく解説

PS5は通常版とデジタル・エディションってどっちが良いんだろ…違いが分からん!という人は多いはず。

安いのは、デジタル・エディションですが、なぜ安いのか?

節約ハック
2つの違いデジタル・エディションのデメリットを4つ解説するので、購入の参考にどうぞ。

価格はデジタル・エディションが約1万円安い。なぜ?

PS5の定価は下記の通り。デジタルエディションは約1万円安いですが、なぜなのか?ある機能が削られているからです。

PS5の定価
種類 値段
ps5-通常版PS5
通常版
54,978円:税込
(49,980円)
ps5-デジタルエディションPS5
Digital Edition
43,978円:税込
(39,980円)

デジタル・エディションは、ディスクが読み込めない

PS5のデジタルエディションは、ディスクが読み込めないデジタル・エディションは、ディスクが読み込めません。CD・DVD・ゲームソフトなどですね。

2つの本体をよく見てみましょう。右側の通常版には、ディスクを読み込む部分がありますが…

ps5の違い

左側のデジタル・エディションにはありません。これによって下記のようなデメリットが起こります。

ディスクが読み込めないことで起こる4つのデメリット

デジタル・エディションを買うなら、このデメリットをよく把握しておきましょう。

1.パッケージ版のソフトで遊べない

パッケージ版とは上のように箱で売ってるソフトです。これが起動できません。ソフトを入れる所がないので当然ですね。

ソフトはダウンロード(DL)版でのみ遊べます。実際にPS4のソフトは、全体の53%がダウンロード版でプレイされているそうで、「DL版ができれば十分だよ!」というユーザー向けにコストを抑えて作られたもの。

ネット環境は必須ですね。

2.中古ソフトも遊べない

ps5のソフト-中古

当然ですが、ゲオやBOOK OFFなどで買える中古ソフトも出来ません。名作ソフトが出回る5年後など、長い目でみると後悔する可能性があるので要注意。

ダウンロード(DL)版のソフトは中古でも売れないので、今1万円安いデジタル・エディションを買っても、お金の面で最終的に損する可能性もあります。友人からソフトを借りる…というのもできませんね。

デジタル・エディションは、セールを活用しよう
デジタル・エディションは、DL版しかプレイできませんが、ソフトをダウンロード購入するPS Storeでは、かなりの頻度で割引セールが開かれます。中古で売り買い出来ないからといって、絶対に損!とは限りません。

3.DVD・ブルーレイが再生できない

dvd-プレイヤー

通常版はできますが、デジタル・エディションはDVD・ブルーレイが再生できません。プレステで映画やドラマ・アニメなどを再生するのが当たり前だった人は、後で後悔するかも。

4.PS4のソフトは、ダウンロード(DL)版しかプレイできない

デジタルエディションは、PS4の箱ソフトで遊べない

PS5は、ほとんどのPS4ゲームに互換性があり、PS4より高画質かつ高速で遊べます。ただし、デジタル・エディションはディスクが入らないので、過去に箱で買ったPS4のソフトは遊べません。

DL版のソフトは、PS4からデータを移行してプレイできるのでご安心を。

外付けのディスクドライブで読み込めないの?


外付けのディスクドライブを使えばいいんじゃ?と思いますが、できません。

実機で検証した方によると、映画などのDVDは読み込めてもゲームを起動すると「このディスクはPS5でサポートされていません(4:30〜)」とエラーが出てしまうようです。

他の性能は全く同じ。違いは重さ・サイズ・消費電力のみ

上記で解説したディスクの読み取り機能と価格。それ以外で違うのは、重さと分厚さ・消費電力の3つですね。下表のように、画質や処理速度などは全く同じです。

ps5-通常版通常版 ps5-デジタルエディションデジタルエディション版
価格(税込) 54,978円 43,978円
重量・サイズ 約4.5kg
幅39cm×高さ10.4cmx奥行26cm
約3.9kg
幅39cm×高さ9.2cmx奥行26cm
消費電力
(最大時)
350W 340W
光学式ドライブ
(ディスクの読み取り)
Ultra HD Blu-Ray なし
内蔵ストレージ容量
(データが保存できる量)
825GB SSD
CPU
(処理装置)
Ryzen Zen2の8コア16スレッド 3.5GHz
GPU
(画像処理)
AMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
オーディオ技術 Tempest 3Dオーディオ

光学式ドライブというのは、先ほど伝えたディスクを読み取る装置ですね。通常版には、「Ultra HD Blu-Ray」という一般的な規格が採用されてます。

通常版の重さは+0.6kgとやや重くなりますが、外に持ち運ばないなら、特に気にする必要はないでしょう。

通常版の消費電力(最大時)が少し高いのは、ディスクを読み取るという行為の時だけです。ゲームはDL版のソフトで遊んだ方が、省エネになるようですね。

どっちが人気?通常版を買いたい人が約75%、倍率は?

2,000人に「皆は、どっちを買いたい?」と聞いたところ、約75%が通常版!と答えています。

しかし、当選倍率は話が別

こちらは、ヨドバシ.comの過去の抽選倍率ですが、基本的にはデジタル・エディションの方が倍率が高く、当たりにくいですね。通常版の方が生産数が多いからでしょう。

ヨドバシ.comの過去の抽選倍率
ps5-通常版通常版 ps5-デジタルエディションデジタルエディション
6倍 10倍
21倍 41倍
24倍 49倍
28倍 57倍
35倍 16倍
30倍 64倍
57倍 28倍
40倍 91倍
ヨドバシ-ps5-当選倍率

ちなみに、発売初週に売れたPS5の9割も通常版です。

PS5:発売初週の国内・販売台数
PS5 通常版 103,901台
PS5 デジタル・エディション 14,184台

通常版は、こんな人におすすめ

まとめると、通常版は下記のような人におすすめです。

  • 1万円高くても、そんなに気にならない。
  • とりあえず、早くやりたい(当選確率が高いため)。
  • ダウンロード版のソフトだけでなく、箱のソフトでも遊びたい。
  • PS4で遊んだ箱のソフトをPS5でもやりたい(高画質・高速でプレイ可能)。
  • 友達からソフトを借りて遊ぶ可能性もある。
  • 将来的に中古のソフトを売り買いして遊びたい。
  • DVD・ブルーレイプレーヤーとしても使いたい。

次にデジタル・エディションです。

デジタル・エディションは、こんな人におすすめ

こんな感じの人におすすめです。

  • ダウンロード(DL)版のソフトだけプレイできれば本当に十分。実際、PS4の時は、ほとんどDL版のソフトで遊んでた。
  • PS4で買った箱のソフトを改めてPS5でやる予定はない(DL版はプレイ可能)。
  • DVD・ブルーレイのプレーヤーとしては使わない、もしくは別に持っているから必要ない。
  • 将来的に中古ソフトを買ってやる予定もない。
  • 友達にソフトを借りることも、ほとんどない。
  • PS Storeのセールでソフト(DL版)を買うことが多い。
節約ハック
悩むなら、後で後悔しない通常版がおすすめです。

デジタル・エディションで十分な人もいると思いますが、PS5の人気ソフトは高く売れるため、差額の1万円はすぐに取り戻せます。中古ショップをしっかり活用するなら、やはり通常版がおすすめですね。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。