LINEポイントを賢く貯める9つの方法を解説。ちょっとした裏ワザな貯め方も

LINEポイントを貯める方法
節約ハック
LINEポイントは、無料でスタンプや絵文字と交換したり、LINE Payの支払いにも使えます。

LINEユーザーなら、これを使わない手はありません。

本記事では、LINEポイントを賢く貯める9つの方法を解説していきます。基本的な操作から、ちょっとした裏ワザも紹介するので是非、参考にしてください。

1.LINEポイントクラブで貯める

まずはLINEアプリの操作だけで貯められる方法です。

アプリの右下にある「ウォレット」から「ポイントクラブ」をタップしましょう。
LINEポイントを貯めるページ次に「貯める」をタップ。

このページで、主に下記のような貯め方が出来ます。


LINEアプリを通して、ディズニースタンプや動画サービスの無料お試しをすると、約60P〜500P貯まります。
LINEポイント-無料会員登録で貯める無料登録された時点で成果が確定するため、すぐに退会しても問題ないのが良い所。ただし、無料期間が過ぎると料金が発生するので要注意です。ディズニーやauなど大手キャンペーンが多いので、安心して登録できるのも◎。


無料登録は右下の「ウォレット」→「ポイントクラブ」を開くとページの真ん中あたりにあります。LINEポイント-無料登録の方法ここで気になる案件があれば登録しましょう。


友だち追加も貯まります。
LINEポイント-友達追加もらえるポイントは少ないですが、登録した後はブロックやトークの削除をしてもOK。ただ、量をこなすと通知が凄いことになるので、必要なもの以外はブロックすることを勧めます。


貯まるポイントは少ないですが、再生すればOK。暇つぶしで良いのでやっておきましょう。
LINEポイントを動画で貯める方法


LINEポイントで最も多く貯まるのが、クレジットカードの発行です。年会費無料のものを選びましょう。LINEポイント-クレジットカードこれの凄いところは、LINEポイントに加えてクレジットカード会社のポイントも入る所です。合計で一気に10,000P貯まることもあるので、例えば、楽天カードに入会するとLINEポイント4,000P+楽天スーパーポイント5,000Pが入るわけです。
クレジットカードを発行するデメリットってないの?
カード会社は、販促のためにポイント還元を利用しているに過ぎません。年会費無料のカードは持っておいて損しないので、特別な理由でもない限りおすすめですね。

2.他社のポイントサービスから交換できる

モッピー

他社のポイントサイトから交換もできます。交換できるのは、下記の3つですね。

特にモッピーではゲームに参加するだけでポイントがもらえたりします。LINEにはない案件も多いので、アプリからは貯め尽くしたよ!という方は活用しましょう。

ただし、無料登録やお試しなどは、二重になるとポイントがもらえないので要注意です。

3.飲み物を買って貯める(20P〜50P)

LINEポイント-飲み物キャンペーン-レシート季節限定ですが、飲み物とのコラボキャンペーンでも貯められます。

過去には「おーいお茶」や「午後の紅茶」シリーズを1本買うと50ポイント確実にもらえるキャンペーンが実施されていたので、筆者も貰いましたね。

今やっているかは、下記の記事で解説しているので、気になる方は参考にどうぞ。

4.支払いをLINE Payにして貯める(支払い額の1%〜3%)


買い物の支払いをLINE Payにすると、支払額の1〜3%がLINEポイントで返ってきます。

返ってくるポイントの量(還元率)は、過去6ヶ月間のLINEポイント獲得量によって上がるので要チェック。下記の様にランク分けされます。

マイランク制度
過去6ヶ月の
LINEポイント
獲得量
0 100 500 5,000
還元率 1% 1.5% 2% 3%

例えば、過去6ヶ月に500以上のLINEポイントを獲得した人は、支払額の2%がポイントで返ってきます。

1,000円の買い物なら20ポイント返ってくるという事ですね。

LINE Payは慣れると便利です。

毎日の買い物や水道・ガスなどの公共料金をLINE Payで払うと貯まりやすいですよ。



LINE Payは、右下の「ウォレット」から簡単に始められます。使い方は簡単で、普段使っている銀行口座を登録→お金をチャージするだけで準備完了。
line-pay-始め方支払い時は、「コード支払い」をタップして、スマホの画面に表示されたバーコードを店員に見せながら、「LINE Payで」と伝えればOK。銀行口座から即時に引き落としされ、LINEポイントも貯まります。もちろん手数料などは無料。

5.マンガ・ゲームで貯める(1P〜200P)

以前はLINEアプリ内でも貯められましたが、今は皆無状態。

しかし、ポイントタウンモッピーでは、今でもゲームをしたり、マンガを読んでポイントを貯め→これをLINEポイントに交換できます。

ポイントタウン-ゲーム・漫画で貯める
ポイントタウン-LINEポイントへ交換
起動でポイントが入る案件もありますが、多くは「一定レベルまでクリアで獲得」など条件があるので要チェックです。
モッピー
ポイントタウン

6.Amazonや楽天の買い物をLINEショッピングからする(支払い額の0.5%〜20%)


ネットの買い物(Amazon・楽天など)をLINEショッピングから開いて済ますと、支払い額の0.5%〜最大20%がLINEポイントで返ってきます。

人気ショップの還元率
Amazon 0.5%
楽天市場 0.5%
Yahoo!ショッピング 0.5%
DHCオンライン 3.0%
ユニクロ 1.0%

しかも、ショップ自体のポイントも貰えるので超お得。

例えば、LINEショッピングを経由して楽天で買い物をすると、楽天ポイント+LINEポイントのダブルで貰えます。

使い方は簡単。LINE右下の「ウォレット」ページの真ん中あたりにある「LINEショッピング」を開きましょう。
line-ショッピング-LINEポイントここから各ショップを開いて何か商品を買うと、支払額・還元率に応じたLINEポイントが返ってきます。

ちなみに買った商品のレビューを書くとLINEポイントがもらえるキャンペーンもあるので要チェック!

7.宅配・持ち帰り注文で貯める(100〜200円につき1ポイント)

LINEが運営する下記の2つのサービスを使うと貯まります。

LINEデリマ-LINEポイント大体100円〜200円の支払いで1ポイント貯まるので、自炊しない人は活用すべし。松屋や大戸屋・ケンタッキーもあるので、普段から食べる人は要チェックです!


LINEアプリの左下にある「ホーム」から「追加」をタップ。LINE-デリマの使い方LINEデリマ」を選択して保存するとショートカットが出来るので、ここから店を選んで注文すればOKです。

8.旅行の予約で貯める(支払いの1%〜5%)

エアトリ・Booking.comなどのメジャーな旅行比較サイトを、さらにまとめて比較できるのがLINEトラベルです。LINEトラベルでLINEポイントが貯まるホテルや旅行券の最安値を検索できますが、ここから各旅行サイトへ飛んで予約すると、支払い額の1%〜5%のLINEポイントが貯まります。

ちょうど旅行の予定がある方は要チェック!


LINEアプリの左下にある「ホーム」から「追加」をタップ。旅行の欄にあるLINEトラベルにチェックを入れて保存しましょう。LINEアプリ-LINEトラベルの使い方ホームに「LINEトラベル」のアイコンが追加されるので、今後はここから開けます。

9.アンケートで貯める(100P〜200P)

最後に、あまり知られていないアンケートによる貯め方です。
LINEアンケート定期的に配信されるアンケートに答えると100P〜200Pポイントがもらえます。

ただし、もらえる人は抽選で決まる、という残念な特徴も。アンケートが苦じゃない人は試す価値アリです。

特におすすめなのは?

節約ハック
基本的に、iPhoneもAndroidもやることは同じですが、コツコツ貯めるなら、下記の2つは外せません。

Q:中々貯められない。中学生・高校生がLINEポイントを稼ぐ方法はある?

中学・高校生の方など中々貯まらない方は、下記の2つがおすすめです。

なお、LINEの運営さんをすり抜けるような裏ワザは存在しません。真っ当な方法で堅実に貯めていきましょう。

LINEポイントの使い道・使い方

LINEポイントの使い道を解説。交換する際の注意点もあり

2019年10月24日