Nintendo Switchはいつ買うべきか、値下げの可能性と買い時を解説

Nintendo Switch-テーブルモード

基本モデルが32,980円(税込)。ライトが21,980円(税込)のNintendo Switchですが、安くなるタイミングを待って、そこで買いたい人は多いはず。

欧州(ヨーロッパ)では先日、約10%の値下げが発表されましたが、今後、日本での値下げはあるのか、簡単に解説しておきます。

任天堂スイッチ-本体

買うならここがベスト|Nintendo Switchの本体を安く買う方法とおすすめの店を解説

2019年10月9日

欧州では、2021年9月13日より約10%引きに

Nintendo先ほどの通り、欧州のSwitchは、2021年9月13日より約10%の値下げが報告されています(フランスの Switch情報メディアNintendo Alertより)。

日本経済新聞によると、この値下げは為替変動(通貨価値の変化)によるものとのこと。

価格は、329.99ユーロから299.99ユーロに変わり、日本円でいうと、約42,870円から約38,980円への値下げです。約10%の値引きですね。

ただし、現時点では日本を含め、欧州以外の国や地域で価格の変更予定はないと伝えられています。

歴代モデルから見えてくる値下げのタイミングは2023年か

ただし、「現時点で値下げはない」と発表されているだけで、将来的にされる可能性はあります。

実際に歴代モデルのDSや3DSが値下げされているからです。

こちらは、過去の値下げ年表ですが…

ゲーム機名 発売開始
(税抜)
値下げ
(税抜)
ニンテンドーDS 2004年12月2日
18,900円→
2010年6月19日
15,000円
ニンテンドー3DS 2011年2月26日
25,000円→
2011年7月28日
15,000円
ニンテンドーSwitch 2017年3月3日
29,980円→
2023年7月半ば
24,980円(予想)

3DSは販売台数があまりに不調だったため、即座に1万円値下げされました。これはイレギュラーでしたが、DSは3DSが出る半年前に2割ほど値下げされています。

ニンテンドーゲーム機のモデルチェンジは、おおよそ6年〜7年で行われるため、Switchの次世代機が出る(可能性が高い)2024年。その半年前の2023年半ばから値下げされる可能性は十分にあります。

あくまで筆者の推測ですが、通常モデルがもし値引きされるなら、価格は2割引の24,980円(税抜)になるかと思われます。

全く値下げされない可能性も
Switchの売れ行きは好調で、バッテリーが強化された新型モデルが出た際も旧型は値下げされず、販売停止となりました。

人気がある内は値下げはしないのが、Nintendo流です。ブランドのためにもプレイステーションのように一切値下げしない可能性もあります。

クリスマス商戦を待つのもアリ

そこまで待つと、もう次世代機を待ったほうが…となる人も多いかと。

もし今買わないのであれば、クリスマス前に買うのもありかもしれません。

2020年のクリスマス前は、「クリスマスさきどりセール」としてゲオで本体+ソフトの購入で-1,000円引きされていました。

ゲオ-Xmas-先取りセール

ゲオ クリスマスさきどりセール

2020年の開催時期:11月23日~12月1日

また、Amazonでは11月の終わりに開かれるAmazonブラックフライデーに限定ギフトセット(本体+ソフト+カバーなど+α)が販売。

11月20日〜年末にかけてセールで安くなる傾向なので、この時を待つのもアリかもしれません。

いずれにせよ、そこまで大きい値引きでもないので、

Amazonで在庫不足も解消され、定価で買えるようになってきた今が、買い時かもしれません。

任天堂スイッチ-本体

買うならここがベスト|Nintendo Switchの本体を安く買う方法とおすすめの店を解説

2019年10月9日

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。元上場企業のサラリーマン、現経営者。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。