ほしいものリストの名前(本名)を匿名に変更し、住所を極力漏れない様にする5つの設定

Amazon-ほしい物リストの変更設定

Amazonで作れる「ほしいものリスト」はリンクを公開することで、他人から商品を贈ってもらったり、逆に贈ることも出来ます。人によっては便利ですが、2つの難点があります。それがこの2つ

  • 通常設定では、本名が公開されている。
  • 住所もそのままの設定では、都道府県・市区町村まで相手に伝わる

名前は本記事の方法で匿名にできます。しかし、「住所も市区町村まで知られたくない」という方は、Amazon Hubというロッカー受け取りサービスを使う他ありません。

注意点も合わせて詳しく解説するので、参考にどうぞ。

名前を匿名(ハンドルネーム)に変更する方法

まずは、相手に表示される全ての名前を、自分の好きなハンドルネームに変える設定法です。

自分のほしい物リストを開こう

設定するために、まず自分が作った「ほしいものリスト」を開きましょう。まだ作ってない方は「リストの作り方」を参考に作りましょう。
Amazonを開く

ブラウザは、右上のアイコンから開けます。
自分のほしい物リストを見る-確認する方法

アプリでは、下にあるアイコンから開けます。
自分のほしい物リストを見る-確認する方法

リストに表示される公開プロフィール名を変更しよう

Amazon-ほしい物リストのプロフィール名を変更するリスト作成時に「リスト名」は自由に変えられたはず。しかし、そのままの状態で他人に公開すると、リストの上にAmazonのプロフィール名が表示されます(自分のアカウントで見る際には表示されません)。

おそらく初期設定では、本名になっている方がほとんどかと。

これは公開プロフィール名を編集すればOK。

Amazonの公開プロフィール名を変更する方法実際にAmazonのアカウントに登録している名前は変わらず、あくまで、レビューの投稿やほしいものリストに表示される名前だけが変わります。必ずやりましょう。
公開プロフィールを編集する

受取人の名前もハンドルネームに変えよう

リストの右上にある「その他」から「リストの設定」を開きましょう。

Amazon-欲しいものリストの設定すると、「受取人という項目が出てきます。初期設定では、Amazonに登録されている名前が表示されるので、ほとんどの人が本名のはず。
Amazon-欲しいものリストの設定ここも相手が荷物を送る際に表示されるので変えましょう。もちろん好きなハンドルネームでOK。

お届け先住所の名前も変えよう

さらに、リスト設定を下に進め「お届け先住所」を選びます。
Amazon-欲しいものリストの設定自分の住所が表示されると思いますが、名前を公開したく人はリスト用に必ず「新規作成する」を選びましょう。

そして、氏名をハンドルネームに変えます。

Amazon-欲しいものリストの住所を設定ただし、荷物を受け取る伝票には、ここの名前が記載されるので要注意。あまり変な名前にしないのが良いかと思います。配達の方に「〜さんにお届け物ですが、お間違いないでしょうか?」と言われる可能もあります。

住所を極力公開しない方法

先ほど伝えた通り、住所は都道府県・市区町村まで相手に表示されます。そして残念なことに、ほしいものリストで贈られた商品はコンビニで受け取れません。

これを避ける唯一の方法は、Amazon Hubです。

Amazon Hubを使う方法

amazon-hub Amazon Hub公式

駅ビルやコンビニなどの各地に設置されているAmazonのロッカー受け取りサービスで、各ロッカーに下記のような名前と住所が割り振られてます。

名前「Amazon Hub ロッカー・サンマ」

住所:153-0064
東京都 目黒区下目黒1-8-1

このロッカーの名前を「受取人」として入力し、住所はロッカーの住所を入れればOK。

ほしい物リストをAmazon-hubで受け取る

荷物が贈られてくると、Amazonに登録してあるメールアドレスに認証キーという番号が届き、その番号をロッカーで入力すれば開くというシステムです。

近くのAmazon Hubはこちらから探せます。
近くのAmazon Hubを探す

市区町村が変わるような、自宅から少し離れた場所のロッカーを使わないと意味ないですが、市区町村まで伝えたくない方は、これ以外に方法がありません。

Amazon内の販売者に住所を知られたくない場合

Amazonには、Amazonが販売している商品とは別に、一般人が販売しているマーケットプレイス商品というものがあります

Amazon-マーケットプレイス商品

Amazonより

このマーケットプレイス商品がプレゼントとして贈られた場合は、商品の販売者に住所が筒抜けになります。注文が入ると、請求先住所が書かれた「発送同意書」というものが販売者のメールに送られるからです。

既に自分でマーケットプレイス品を買ったことがある人は完全に手遅れですが、これを避けたい人は、リストの住所の設定にある「第三者の発送同意書」のチェックを外しましょう

Amazon-第三者の出品の発送同意書

マーケットプレイス品は、贈り物として受け取れなくなりますが、販売者に住所が知られることもなくなります。

この記事をかいた人

2019年から節約情報を中心に発信。老後に備えて無駄な浪費を抑えて生活し、買い物ではなるべく安く買う方法を解説。「これは知っておいた方が良い…」と思った情報を共有します。